天命

全て 名詞
1,065 の用例 (0.01 秒)
  • いや、こうしている間にも二本の剣の天命は減少を続けているはずだ。 九里史生『SAO Web 0404 第七章01』より引用
  • エレイヌの死は誰にもどうすることもできない運命であり、天命だった。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第08巻 「風塵の群雄」』より引用
  • おまえのように生じるものもあれば、天命がきて消滅するものもいる。 津守時生『漂泊の神 抄伝 (The Beans 01)』より引用
  • いずれの場合であっても、それは彼のそれまでの天命の継続であったろう。 フロイト/渡辺哲夫訳『モーセと一神教』より引用
  • それはもう一つの超自然の運命、いわば天命のようにしか思われなかった。 坂口安吾『白痴』より引用
  • 見すてられた老人も、それを天命として仲間を恨んだりはしないそうだ。 半村良『闇の中の哄笑』より引用
  • 二頭ともに、天命そのものを消費しての限界飛行を続けているのは明らかだ。 九里史生『SAO Web 0407 第八章02』より引用
  • 私は天命が私を待っているところに、それを見出しに行かねばなりませぬ。 佐藤正彰訳『千一夜物語 08』より引用
  • まだ死ぬほどの老齢でもなかったが、どうも天命は致し方もないものだ。 牧野富太郎『植物一日一題』より引用
  • 運命とは神意にいづるものにもあらず、天命にもあらず、怪異にもあらず。 石橋忍月『罪過論』より引用
  • 剣の天命はかなり損耗しただろうが、惜しむつもりはまったく無かった。 九里史生『SAO Web 0406 第八章01』より引用
  • 彼は、お前の娘の天命が今日娘を待っているやかたに、お前を案内するであろう。 佐藤正彰訳『千一夜物語 07』より引用
  • 廿歳を越えた頃には、醫者からも、永くない天命と宣言された程だつた。 吉川英治『折々の記』より引用
  • 我々は、無言の間に、天命かけてわが美しき風景を護っているのである。 佐藤垢石『わが童心』より引用
  • 王は天の子であり天命により天下を治めるとする古代中国の思想を起源とする。
  • 西周時代には、政治的な側面が強調されつつ、天命という思想が確立した。
  • こうしている間にも、ユージオの天命はゼロに向かって突進しつつある。 九里史生『SAO Web 0401 第一章~第三章』より引用
  • パンは、われこれを見いずるところに取り、天命はその来たるにまかす。 佐藤正彰訳『千一夜物語 03』より引用
  • 剣に、そして主に残された天命は、双方ともに今まさに尽きんとしていた。 九里史生『SAO Web 0407 第八章02』より引用
  • 実験では、天命が三万を超える岩鱗竜ですら一時間で殺しましたよ。 九里史生『SAO Web 0406 第八章01』より引用
  • 次へ »