天体

全て 名詞
6,643 の用例 (0.02 秒)
  • しかも、それが一〇〇〇億人をも養いうる一天体の上でのことなんだぜ。 ヴェルヌ/鈴木力衛訳『月世界旅行』より引用
  • 車の後ろには天体望遠鏡が載っていたから山に観測にでも行ったのかな。 西田俊也『love history』より引用
  • こうした比だけからは天体までの具体的な距離を知ることはできない。
  • 天文学者が天体の運行を観察し記述するときには、科学を研究している。 ワルラス・マリー・エスプリ・レオン『純粋経済学要論』より引用
  • 幼い頃に影の動きから太陽が動いているのに気づき、天体に興味を持つ。
  • 多分太陽が他の天体と衝突でもすればそうなるであろうと思われるのである。 寺田寅彦『宇宙の始まり』より引用
  • そしてかれは天体の無限軌道を単独飛行して消えていった流れ星だった。 李成『砧をうつ女』より引用
  • 彼らが発生した天体の条件が、地球とまるで違っているとしたらどうです。 半村良『黄金伝説』より引用
  • 地球にほかの天体からの生物が一匹きていないと、どうしていえるんです? フレドリック・ブラウン『73光年の妖怪』より引用
  • こういう場合の方が、大きな天体の捕えられる場合よりも多数であろう。 寺田寅彦『宇宙の始まり』より引用
  • 天体から見ると無いといってもいいような地球の上にまたあんな襞がある。 板倉勝宣『五色温泉スキー日記』より引用
  • これまでお目にかかることもできなかった、ほかの天体の生物ですからね。 フレドリック・ブラウン『73光年の妖怪』より引用
  • ロシュ限界の内側では小天体は成長せず、入ってきた天体は破壊される。
  • これは1916年の作曲当時にはこの天体は未発見だったためである。
  • 天体への関心は、日々の気象の変化や季節の移り変りにも目を開かせた。 柳田邦男『空白の天気図』より引用
  • こういう失敗の犯しかたとか原因とかのいい例が天体を観測するときでね。 ポー/安引宏訳『モルグ街の殺人』より引用
  • なぜ天体を月と惑星だけにして、残りの空は空白にしておかなかったんだ? P・J・ファーマー『地球の壁の裏に』より引用
  • 家へ帰って、午前一時頃まで、兄さんを相手に、夢中で天体の話をした。 太宰治『正義と微笑』より引用
  • 番号は1860年の分点に基づいた天体の赤経の小さい順に付けられている。
  • もう何日くらい前から天体望遠鏡は亜矢の部屋に置かれていたのだろうか。 森瑤子『女ざかり』より引用
  • 次へ »