天井を見上げる

163 の用例 (0.00 秒)
  • 最初は天井を見上げて言ったのだが、次には軒の方に向って叫びました。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 彼は何かを考えるように天井を見上げた後、大きく長いため息をついた。 東野圭吾『レイクサイド』より引用
  • 教室へ入ってくる者は決まって驚いたように天井を見上げ、何か言った。 佐野良二『闇の力』より引用
  • 声に出してそう言いながら、芹沢はどこともなしに天井を見上げてみる。 幸田真音『傷 邦銀崩壊(上)』より引用
  • やれやれというように天井を見上げた尚隆を笑って、六太は席を立った。 小野不由美『十二国記 05 東の海神 西の滄海』より引用
  • 上から何か内装部品でも落ちたのではないかと、啓次は天井を見上げた。 吉村達也『時計』より引用
  • 小さなストゥールをきしませながら、水波りゆうは腕を組んで天井を見上げた。 水野良/白井英/山本弘『妖魔夜行 悪魔がささやく』より引用
  • 腹の上で両手の指を組み合わせ、天井を見上げたまま彼女は動かなくなった。 片岡義男『私はいつも私 片岡義男 恋愛短篇セレクション 別れ』より引用
  • 私は天井を見上げ、天井がただの天井であることになぜか安らぎを覚えた。 角田光代『幸福な遊戯』より引用
  • 真鶴はどんな顔をしていいのかわからなくて、つい天井を見上げてしまう。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • 白い天井を見上げると、黒い蠅が一匹、絵に書いたように止まっていた。 海野十三『蠅』より引用
  • マサキは二階にいるのは分かってるぞ、というように天井を見上げた。 曽根圭介『鼻』より引用
  • 彼は天井を見上げて、蛾が天井を飛んでいるのを見て、急に希望を抱いた。 フレドリック・ブラウン『73光年の妖怪』より引用
  • あのころの自分も、空いた時間には、こんな風にして天井を見上げていた。 枯野瑛『銀月のソルトレージュ03 琥珀の画廊』より引用
  • その中で利七が、口をあけたまま、力のない目で天井を見上げていた。 三浦綾子『海嶺(上)』より引用
  • 数年ぶりに自分の実家のベッドに横になり、見慣れた天井を見上げていた。 時雨沢恵一『リリアとトレイズⅥ 私の王子様〈下〉』より引用
  • 晴香の言葉に八雲は何も聞こえていないという風に、天井を見上げていた。 神永学『心霊探偵八雲 第1巻 赤い瞳は知っている (角川文庫)』より引用
  • 州波は凝視していたモニター画面のデータから顔をあげ、天井を見上げた。 幸田真音『傷 邦銀崩壊(下)』より引用
  • 僕らが全員そろって天井てんじょうを見上げつつ腕組みをして考えこんでいた時だった。 清野静『時載りリンネ!2 時のゆりかご』より引用
  • 彼女は今にも落ちてきそうな天井を見上げながら、顔を輝かせていた。 乙一『ZOO』より引用
  • 次へ »