天井

全て 名詞
24,886 の用例 (0.02 秒)
  • 教室へ入ってくる者は決まって驚いたように天井を見上げ、何か言った。 佐野良二『闇の力』より引用
  • そのあいだ、外記はうっとりとした眼をあげて黙って天井を眺めていた。 岡本綺堂『箕輪心中』より引用
  • それから彼は自分の帽子を見、天井をながめ、それきり黙ってしまった。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • よく見ると天井に近く壁を取り巻いてさまざまの壁画が描かれてあった。 寺田寅彦『旅日記から』より引用
  • そして、私の店には、一畳敷あまりの板看板が黒い天井から下っていた。 小出楢重『めでたき風景』より引用
  • 彼は鼻を鳴らしながら、しばらくはただぼんやりと岩の天井を眺めていた。 芥川竜之介『素戔嗚尊』より引用
  • 後には大天井が気持のよい頭を見せているし妙見もなかなか大きく見える。 加藤文太郎『単独行』より引用
  • 住職は驚いて檀家だんかわかい者に来てもらっていっしょに天井裏へあがった。 田中貢太郎『義猫の塚』より引用
  • そしてそこにおる怪物らの頭は、壁や天井に変な形の影を投げていた。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 訪問するたびに部屋の天井から下つてゐる鶴の折紙がふえて美しかつた。 高村光太郎『智恵子抄』より引用
  • 「いき」な建築として円形の室または円天井まるてんじょうを想像することはできない。 九鬼周造『「いき」の構造』より引用
  • 彼女は茫然と瞳を見開いて不思議なやうに部屋の壁や天井を見てゐた。 素木しづ『かなしみの日より』より引用
  • 馬鹿々々しいことを云ってるような気がして、彼はじっと天井を仰いだ。 豊島与志雄『反抗』より引用
  • かれは、それまで膝の上に突っぱっていた両腕を組んで、天井てんじょうあおいだ。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • つまり下の木箱の方から見れば天井が銅板になっているわけである。 中谷宇吉郎『雪』より引用
  • 天井からおちて来た黒い大きいものは、一体なんであったでしょうか。 海野十三『怪塔王』より引用
  • 白い天井を見上げると、黒い蠅が一匹、絵に書いたように止まっていた。 海野十三『蠅』より引用
  • 最後のウラゴーゴルの姿も、遂に天井の向うに見えなくなってしまった。 海野十三『地球盗難』より引用
  • その下宿は大きい低い天井の部屋で、家具らしい物はほとんどなかった。 マクドナルド・ジョージ『世界怪談名作集』より引用
  • 天井をにらんでいた田川の眼が、やっと朝倉先生のほうにもどって来た。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 次へ »

天井 で始まる単語