天ぷら

全て 名詞
1,126 の用例 (0.01 秒)
  • 天ぷらは突然貴重でなくなりゴハンのほうが貴重になってきたのである。 東海林さだお『東京ブチブチ日記』より引用
  • この現象は天ぷら油を一週間冷蔵庫に入れるだけでも簡単に観察できる。
  • 太郎が二階から下りて来た時、母は早くも天ぷらなべの所にもどっていた。 曾野綾子『太郎物語』より引用
  • 天ぷら三個で丼一杯のゴハンをまかなうのはかなりの困難が予想された。 東海林さだお『東京ブチブチ日記』より引用
  • 蕎麦屋と天ぷら屋では天ぷら用の粉に違うものが用いられることがある。
  • ある日佐智が学校から帰ってくると、家中に天ぷらのにおいが漂っていた。 加藤幸子『夢の壁・北京海棠の街』より引用
  • 関西の一部地域では薄く切って天ぷらの定番食材として用いられている。
  • 天ぷらで飯を食っていると、文書課長の佐藤晴雄が急ぎ足で入って来た。 豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(下)』より引用
  • 京伝が生まれるずっと前から、天ぷらということばは使われていたからだ。 池波正太郎/佐藤隆介・編『鬼平料理帳』より引用
  • 天ぷらもうまかったが、かくやヽヽヽのお香々の素晴らしさは今でも忘れない。 池田弥三郎『手紙のたのしみ』より引用
  • その晩は桂木と近所の天ぷら屋で食事を共にする約束をしていた。 小池真理子『ひるの幻 よるの夢』より引用
  • 止むを得ず天ぷら油火災に使用する場合は放射距離以上離れて放射する。
  • 過去の作品は全て公開停止されたので、正式に入手できる唯一の天ぷら作品になる。
  • と浦飯が言いかけたときには、天ぷらと刺身の皿はきれいに空になっている。 田中啓文『私立伝奇学園高等学校民俗学研究会その1 蓬來洞の研究』より引用
  • それから前と同じ蕎麦屋に入って新聞を広げ、温かい天ぷらそばを食べた。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • いぜんにはよく天ぷら屋の鍋台の横では、揚ゲ玉というのを売っていた。 吉川英治『舌のすさび』より引用
  • では、天ぷらだけではなんだからと八田英吉はいってビールをとった。 松本清張『馬を売る女』より引用
  • すると運のいいことに、その天ぷら屋にいて、大名行列をみることができた。 ハーン/平井呈一訳『骨董』より引用
  • 三日前の夜、玲子は全員の夕食にありあわせの材料で天ぷらを作ってくれた。 足立倫行『妖怪と歩く ドキュメント・水木しげる』より引用
  • 徳川家康が鯛の天ぷらを食べて、それが原因もとで病気になって死んだといわれている。 池波正太郎/佐藤隆介・編『鬼平料理帳』より引用
  • 次へ »