大風呂敷を広げる

18 の例文 (0.00 秒)
  • あんまり大風呂敷おおぶろしきを広げてはいけないぞ、と思いつつ、つい口から出てしまうのだ。 ...
  • できもしない大風呂敷を広げやがって。 ...
  • つまり、一冊目は多少大風呂敷を広げても、二冊目で何とか決着をつければいい、と。
  • 大風呂敷を広げすぎるというのである。 ...
  • 我ながら大風呂敷おおぶろしきを広げたものだ。 ...
  • このとき生方は新館の青写真もカウに見せ、大風呂敷ぶろしきを広げたいかにも景気のよさそうな話もしている。 ...
  • 会社側の構想では最終的には信州や日本海側にいたるまでの壮大な路線となる予定であったが、これは出資者獲得のために大風呂敷を広げたにすぎないと推察される。 ...
  • この本でオレは、六〇年代前半のビートルズの革命と後半の学生運動の流れを吸い上げたのが、七〇年代後半に台頭したパーソナルコンピューターであるという大風呂敷を広げたのであるが、その後書きにお前らの初心はしっかり書き記しておいたのだ。 ...
  • くやしいから、祐巳はそこで大風呂敷おおぶろしきを広げてやった。
  • 大風呂敷おおぶろしきを広げられるだけ広げて、あっちこっちのしわを伸ばすのに、四苦八苦しているだけじゃないですか。 ...
  • 書き始めた当初は、今度こそ、キッチリ完結させるつもりでいたのですが、どうも、のっけから大風呂敷を広げ過ぎたようで、結局、今回も畳み切れなくなってしまいました。 ...
  • ホールにはじめて入ったとき、「バッハ」と大風呂敷を広げたわりには、こぢんまりとしているナと思った。 ...
  • また山崎監督の「誰もが楽しめるものにしなきゃいけない」という姿勢を高く評価し、「大風呂敷を広げながらも、見事に撒いた種を最後には回収、爽快感すらある」と脚本を絶賛した。 ...
  • ミーコは「もういいってばあ」と制するのに、ラブは上機嫌で大風呂敷を広げてくれた。 ...
  • タイミング良く安保騒動の責任を取って退陣した岸信介に代わって、所得倍増計画の大風呂敷を広げた池田勇人が首相の座に就いた。 ...
  • しかしながら、中華人民共和国国家主席が軍部に暗殺され、アメリカ合衆国大統領も暗殺されるなど作中の大風呂敷を広げ過ぎた挙句、連載が打ち切りになったため、作品世界の伏線を回収することはなく、中途半端な終わり方をした。 ...
  • このとてつもない大風呂敷を広げて、TRONチップの開発という大仕事に各社を引きずりだした風雲児坂村健の手並みには、386からはセカンド・ソースを認めないというインテルの方針も有利に作用しただろうが、オレは実際肝をつぶした。 ...