大雪の中

29 の用例 (0.00 秒)
  • そしてこうやって大雪の中、十も年下の男の人とドライブしてるんだわ。 小池真理子『雪ひらく』より引用
  • 大雪の中を訪れたたった一人の客を歓待するつもりらしかった。 藤沢周平『三屋清左衛門残日録』より引用
  • からすは、大雪おおゆきなかをあてもなく、そこからったのであります。 小川未明『馬を殺したからす』より引用
  • あの大雪の中を歩いてとぼとぼと井上工業に戻った日のことが思い出されてならなかった。 水木楊『田中角栄 その巨善と巨悪』より引用
  • 今年のはじめに見た桜島は大雪の中で北極海の火山島のように屹立きつりつしていた。 山下洋輔『ドバラダ門』より引用
  • しかもこの大雪の中でも営業しているらしく、中から高吟こうぎん談笑の声が聞こえてくる。 酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明』より引用
  • しかし西伯武王姫発の軍との戦いで大雪の中で凍死した。
  • 様々のメッセージをこの大雪の中に読み取ることが可能だった。 山下洋輔『ドバラダ門』より引用
  • この大雪の中をだれがいったい、やってきたのだろう。 坪田譲治『日本むかしばなし集 1』より引用
  • それだから冬の大雪の中でも、毎年この頃には水が出るのだといい、また雨風の強い日があると、今日は赤瀬のやすなが来そうな日だともいったそうであります。 柳田国男『日本の伝説』より引用
  • かの女はその心もその苦しみもそのもだえもその悲しみも皆なこの大雪の中に埋めつくされて了つたやうな氣がした。 田山花袋『道綱の母』より引用
  • 果たせるかな、ホームスパンもまた、十数年に一度の大雪の中に吸い込まれてしまった。 南伸坊『ぼくのコドモ時間』より引用
  • あすのお正月の用意にと、むすこは大雪の中を、猟に出かけました。 坪田譲治『日本むかしばなし集 3』より引用
  • 長野オリンピック・ジャンプ団体で、日本の3番手となった原田の1回目は運悪くほとんど前も見えないような大雪の中で行われた。
  • 大雪の中を帰って来たから寒かろうと思って、人が酒を出したら、武二のやつ、良い気になりやがって、じゃれかかるのよ。 作者不詳/富士正晴訳『金瓶梅(上)』より引用
  • 二月二十二日、東京は「気象台開設以来第二位に記録される三十八センチの積雪」という大雪の中で大空襲を受け、神田一帯は火の海となった。 角田房子『一死、大罪を謝す』より引用
  • 明治十年二月十四日のバレンタインデーに集結し、翌日めずらしい大雪の中を出発した西郷軍は総勢一万五千人位となって熊本に入った。 山下洋輔『ドバラダ門』より引用
  • それでも決められた年貢に達しない者は、先日のことであるが冬至より二、三日つづいた大雪の中を中田村の橋の袂にまで連行し半日ほどもかがませておいたのを目撃している。 藤沢周平『漆(うるし)の実のみのる国(下)』より引用
  • しかし他の選手に比べて飛びすぎてしまうため、他の選手が軽々大ジャンプを見せるようなアプローチ速度の速い試合運営が続いた時に実力を抑えざるを得なくなって順位に結びつかないケースが増えたが、この技術が長野五輪の団体戦1本目の大雪の中で飛距離には現れなかったが最大限のジャンプが出来る要因となった。
  • 大雪おほゆきなかに。 泉鏡花『雪霊記事』より引用
  • 次へ »

大雪の中 の使われ方