大雪になること

11 の用例 (0.00 秒)
  • 積雪は平野部でも一冬に1~2回程度は起こるが、大雪になることは少ない。
  • 冬は市南部を中心に冷え込みが強くなり市北部が雨や霙でも牛久地域周辺やそれ以南は大雪になることがある。
  • 雪は小やみなく降り続け、ラジオの天気予報は、何年ぶりかの大雪になることを伝えていた。 山崎豊子『華麗なる一族 中』より引用
  • 積雪も年に1~2回程度は起こるが、山間部を除いては大雪になることは稀である。
  • 大雪の目安となる条件を満たすと大雪になることが多いが、海岸に近い地域ほど風が強いため雪は積もりにくい傾向がある。
  • 平野部でも冬季の積雪はあるが、大雪になることは少ない。
  • 島根県石見地方と山口県北部は湿気を含むための海上区間が朝鮮半島によって狭くなっているため、大雪になることは少ないが降雪日数がやや多くなる。
  • ただ、南岸低気圧による降雪で大雪になることもまれにある。
  • 日本列島に当時としては最大級の寒気が流れ込み元からの豪雪地帯での積雪が多かったほか、南岸低気圧の発達で南関東や東海地方、西日本など普段あまり大雪になることのない地方でも雪の被害を受けた。
  • 市域で大雪になることは希である。
  • ボストンらワシントンにかけての北東部の沿岸部でもノーイースターと呼ばれる低気圧の影響により、突発的に大雪をもたらすことがあり、積雪40センチ~80センチ程度の大雪になることがあるが、平均年間降雪量は30~100センチ未満と少ない。