大雪

全て 名詞
1,281 の用例 (0.02 秒)
  • 大会は大雪のため中止となり参加賞のTシャツへのサイン会が行われた。
  • この日東京は大雪となり、ちょうど二・二六事件が起こった日でもあった。
  • そしてこうやって大雪の中、十も年下の男の人とドライブしてるんだわ。 小池真理子『雪ひらく』より引用
  • しかも、氷の精霊たちは大雪の後、集落を襲撃するようになったという。 水野良『魔法戦士リウイ 第03巻』より引用
  • 夜のあいだに降った大雪がこれまでにないほどの多くの獣たちを殺したのだ。 村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 2』より引用
  • 南岸低気圧により東京では45年ぶりの大雪となり交通機関が混乱した。
  • 旭川市の四大河川の中では唯一大雪山系を源流とせず、長さも一番短い。
  • 「このぶんじゃ大雪になりそうだな」と門番はおのを手にしたまま言った。 村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 2』より引用
  • しっかりした娘だったんだが、大雪で足下が見えなかったんでしょう。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第03巻 「白亜宮の陰影」』より引用
  • うえには、二、三日前にちまえった大雪おおゆきがまだえずにのこっていました。 小川未明『海からきた使い』より引用
  • 長年の旅の間には、いくたの難路を越えたし、しばしば大雪にも会った。 バットゥータ/前嶋信次訳『三大陸周遊記』より引用
  • その日の夕方までに勇駒別に入って、次の日は大雪を歩く予定である。 田中澄江『花の百名山』より引用
  • また、スノープラウも搭載されており、大雪の際には除雪を行っていた。
  • 私が一燈園にかえってあくる朝は大雪で、林も垣根もま白になりました。 倉田百三『青春の息の痕』より引用
  • 期間としての意味もあり、この日から、次の節気の大雪前日までである。
  • わずか二里余でしかないが、この間の大雪が、まだ途中に残っているそうな。 吉川英治『私本太平記』より引用
  • 何年ぶりかというその大雪が溶けきらぬうち、二日おいてまた雪になった。 北杜夫『楡家の人びと (下)』より引用
  • さうでもしなければ、この大雪の日に凍え死んでしまふぢやありませんか。 岡本綺堂『俳諧師』より引用
  • 四十年ぶりとすると、私が生れてから初めての大雪というわけだ。 高見順『敗戦日記』より引用
  • おれもそれを知つてゐるから、今日もこの大雪のなかを一生懸命に歩いたよ。 岡本綺堂『俳諧師』より引用
  • 次へ »

大雪 で始まる単語