大隅

全て 名詞
1,227 の用例 (0.01 秒)
  • 上三島は、大隅諸島に含まれるとする説と含まれないとする説がある。
  • これに伴って大隅郡が分割され、田代郷は南大隅郡の所属となっている。
  • 演出の大隅が色々な芝居の舞台を見て回った結果、山田康雄が選ばれた。
  • 大隅もさすがにこのグロテスクな巨人とむかいあっているのに勇気がいった。 海野十三『地球盗難』より引用
  • その後、秀吉から大隅を加増するとの話があったがこれを固辞している。
  • 私は名誉の家の所以ゆえんを語り、重ねてまた大隅君の無感動の態度を非難した。 太宰治『佳日』より引用
  • 大隅は「誰もこのあと引き継ぐやつなんていないだろう」と考えていた。
  • 大隅は、今誰か、この小屋の近くにやって来た者はいないかといた。 海野十三『地球盗難』より引用
  • しかしこれは大隅学士のとは違って、実に恐ろしい仕掛けになっていた。 海野十三『地球盗難』より引用
  • しのばせ城攻撃の大将津田大隅守は、このことをそのまま信長に告げた。 新田次郎『武田勝頼(一)』より引用
  • 大隅君は、結婚式の日まで一週間、私の家に滞在する事になっているのだ。 太宰治『佳日』より引用
  • そこのところを先生から大隅君に、よく注意してやったほうがいいと思います。 太宰治『佳日』より引用
  • この地域の土地は、平安末期になると次々に大隅正八幡宮へ寄進された。
  • また大隅諸島には、702年から824年まで多禰国が設置されていた。
  • 大隅半島の一部店舗は1994年に桜デパートから引継いだ店舗である。
  • 大隅は自分の部屋へ来て、気分が悪いと言って寝てしまいました。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 大隅諸島には、含まれるとする説と含まれないとする説とがある。
  • 古里という地名は江戸期より見え、大隅国大隅郡桜島郷のうちであった。
  • 大隅が語り出すと私らの右の方の空席へ二人連れの女が入った。 佐藤垢石『美音会』より引用
  • 黒神という地名は江戸期より見え、大隅国大隅郡桜島郷のうちであった。
  • 次へ »