大阪

全て 名詞
47,408 の用例 (0.02 秒)
  • 落日の最後の明りが築港の海に消えてしまうと、やがて大阪に夜が来た。 織田作之助『夜光虫』より引用
  • 大阪おおさかへふたたびやってきた諭吉ゆきちは、すぐ緒方先生おがたせんせいのところへいきました。 高山毅『福沢諭吉』より引用
  • その男は誇張していえば「大阪で一番汚ない男」といえるかも知れない。 織田作之助『四月馬鹿』より引用
  • その年の夏、徳富氏は大阪へ遊びに来て、私を訪ねてくれたことがあった。 薄田泣菫『艸木虫魚』より引用
  • 商売のためには何でもやろうという大コンタンは、とにかく大阪のものだ。 坂口安吾『安吾の新日本地理』より引用
  • そんなある日吉田は大阪でラジオ屋の店を開いている末の弟の見舞いをうけた。 梶井基次郎『のんきな患者』より引用
  • さうして大阪屋の現在の姿が、それを最もよく實證してゐたのである。 下村千秋『天国の記録』より引用
  • 大阪者では知るまいが、この春京まで参ったゆえ、噂位にはきいた筈じゃ。 佐々木味津三『旗本退屈男』より引用
  • 作曲法や理論の時間だけ顔を出し、他の日は毎日大阪で映画をみてかえった。 久坂葉子『灰色の記憶』より引用
  • これお糸ゆふべもいうた通り、今日はこれから大阪まで行つてこねばならぬ。 清水紫琴『心の鬼』より引用
  • 後を追うて大阪に来た、探すのに苦労した、今はこの辺りの料亭にいる。 織田作之助『俗臭』より引用
  • 例えば大阪を仕舞風呂しまいぶろとすればこのあたりの空気は朝風呂の感じである。 小出楢重『楢重雑筆』より引用
  • 尾道の宴会と言えば大阪の商人趣味で、あまり上品なものではなかった。 倉田百三『光り合ういのち』より引用
  • 機械は全部大阪の商人の手を経なければ彼等の手にはいらぬのだ。 織田作之助『俗臭』より引用
  • とにかくその日の夜十時になって彼は転げこむように大阪駅に入っていった。 海野十三『暗号数字』より引用
  • ここはちょうど京と大阪との真ん中で、どちらへも五里と言われております。 賀川豊彦『空中征服』より引用
  • この点に於て普通の大阪の多少富裕な家の遊び好きのぼんちに異らなかつた。 岡本かの子『上田秋成の晩年』より引用
  • 大阪で働くいう気いがあるのんやったら、僕とこでなにしてもええぜ。 織田作之助『雪の夜』より引用
  • 私は子供の頃からあの大阪の年中行事の一つである地蔵祭が好きであった。 織田作之助『起ち上る大阪』より引用
  • 近代の大阪の女形で一番美しいのは、何といっても今の中村梅玉であろう。 折口信夫『役者の一生』より引用
  • 次へ »