大阪陸軍造兵

26 の用例 (0.00 秒)
  • また1944年12月には大阪陸軍造兵廠の機能が一部移転されている。
  • なお、同工場は大阪陸軍造兵廠枚方製造所の払い下げにより開設された。
  • 制式はされたものの、大阪陸軍造兵廠第一製造所で昭和12年に3門製造された後は暫く生産されなかった。
  • この協定では「キ一〇九」搭載砲として八八式七糎高射砲を使用し、これに大阪陸軍造兵廠で製作した砲番三五八二号および三五八三号を使用することと決められた。
  • 米軍機は大阪陸軍造兵廠を狙い、約700トンの1トン爆弾を集中的に投下した。
  • この砲は1944年5月ごろ大阪陸軍造兵廠へ試作発注された。
  • 設計は1944年4月に完了、試作は大阪陸軍造兵廠で行われ2門が7月に完成した。
  • 大阪陸軍造兵廠を狙った爆弾は、目標を大きく外れて市街地に落下するケースが相次いだ。
  • 大坂城の東側には当時東洋最大と謳われた大阪陸軍造兵廠もあり、大戦末期の1945年8月14日にアメリカ陸軍航空軍から集中的な爆撃を受けた。
  • また城東の大阪陸軍造兵廠をねらって大型爆弾を投下した。
  • 球場は大阪陸軍造兵廠の南隣に位置し、米軍による爆撃で焼け野原と化していた大阪市東区森之宮西之町の広大な一画を用地として建設されることとなった。
  • 発射機は高射角・低射角の2種類を試作して射程を比較することとし、8月に大阪陸軍造兵廠に試作注文した。
  • シキ260・261については大阪陸軍造兵廠所有で、常備駅は吹田駅であった。
  • 昭和18年後半から第一陸軍技術研究所は無反動砲の開発に着手、昭和19年12月に試作品の製作を大阪陸軍造兵廠へ発注した。
  • 日程は1月25日から29日、場所は大阪陸軍造兵廠および大津川射場である。
  • しかし大阪陸軍造兵廠へ向かった飛行機は、一部の機が造兵廠への爆撃を実施したものの、大半の機は上空の視界不良・天候不良として爆撃を断念し、予備の攻撃目標とされていた三重県桑名市へ向かい桑名空襲を起こしている。
  • 大阪陸軍造兵廠とも呼ばれる。
  • 製作は大阪陸軍造兵廠である。
  • 鉄薬莢の研究は陸軍兵器行政本部、第一陸軍技術研究所、第八陸軍技術研究所、東京第一陸軍造兵廠、名古屋陸軍造兵廠、大阪陸軍造兵廠、そして各民間会社等で連携して行なわれた。
  • その後機能低下を補うため1946年1月20日になって兵庫県加古郡荒井村の旧大阪陸軍造兵廠の播磨製造所跡に鷹取工機部の高砂分工場を設置、1947年3月1日には高砂工機部として独立した。
  • 次へ »