大阪毎日新聞

全て 名詞
127 の用例 (0.01 秒)
  • その頃僕の家は名古屋市にあって、当時流行の大阪毎日新聞を取っていた。 江戸川乱歩/紀田順一郎編『江戸川乱歩随筆選』より引用
  • 大学卒業後は大阪毎日新聞の経済記者となり、後に経済部長になる。
  • 関西経済界に推され大阪毎日新聞社長となり、以後発展に従事する。
  • 比較するために、このころの大阪毎日新聞を見てみよう。 城山三郎『鼠 ─鈴木商店焼打ち事件─』より引用
  • 原作は久米正雄が東京日日新聞と大阪毎日新聞に連載した新聞連載小説である。
  • なお井上と小谷は元々大阪毎日新聞の同期入社で親しい関係にあった。
  • この様子は大阪毎日新聞に連載されている。 宮原安春『軽井沢物語』より引用
  • これを発案した人物は、大阪毎日新聞の記者だった人見絹枝である。
  • 駆逐艦・秋雲は、大阪毎日新聞の記者とカメラマンと、二人の報道班員を収容していた。 阿川弘之『私記キスカ撤退』より引用
  • しかしその後は出版事業に失敗し、大阪毎日新聞の相談役として、昭和六年に八十二歳で歿しました。 中村光夫『明治文学史』より引用
  • その後杉村の報告書が大阪毎日新聞に掲載されたことから、日本政府だけでなく移民希望者の間で大きな反響を呼ぶこととなった。
  • 山県内閣が倒れると、彼は官を一時辞めて大阪毎日新聞に入った。 松本清張『小説東京帝国大学(下)』より引用
  • 野枝の目算では、自分の小説を連載させてくれた大阪毎日新聞に、今度の事件を材料に小説を書き、それを連載させようという計画だった。 瀬戸内晴美(寂聴)『美は乱調にあり』より引用
  • 大阪毎日新聞を購読して、記事の進陟しんちよくを待つてゐるうち、病気が重体に陥つた。 森鴎外『伊沢蘭軒』より引用
  • 今を去る十五、六年前かと思うが、確か「大阪毎日新聞」に次のような有益な記事が掲載されていた。 北大路魯山人『河豚は毒魚か』より引用
  • この年、ライバルとなってゆく「大阪毎日新聞」が創刊されている。 小堺昭三『男の切れ味(中)』より引用
  • 大阪毎日新聞の記者として昭和初年に谷崎潤一郎らを担当した。
  • 在学中に菊池幽芳の薦めもあって大阪毎日新聞に小説を発表する。
  • 当時は録音設備も無いため速記などによって記録されたためか大阪毎日新聞、神戸新聞、民国日報などによって多少の違いが有るようである。
  • だが一方で、開業から8日間の間には早くも列車衝突事故を2件起こし、3名が死亡するという事態にも至っており、大阪毎日新聞にも書き立てられた。
  • 次へ »

大阪毎日新聞 の使われ方