大阪桐蔭

全て 名詞
63 の用例 (0.00 秒)
  • 大阪桐蔭高校では1年夏から6番でレギュラー、秋から4番を任された。
  • 大阪府大会では大阪桐蔭との大会史上初の決勝再試合で先発し、完投勝利を挙げた。
  • また、大阪桐蔭高校時代の同級生である森本学とは生年月日が同じである。
  • 大阪桐蔭高校出身のサッカー選手として初めてJ1のクラブとプロ契約を果たした。
  • 大阪桐蔭から初のプロ野球入りした選手である。
  • 大阪桐蔭中学校・高等学校は、大阪府大東市にある男女共学の私立校である。
  • 大阪桐蔭からは初の巨人入りした選手である。
  • その娘二人は2013年に大阪桐蔭高等学校の卒業式で総代を務めて答辞を述べている。
  • 中学卒業後、大阪桐蔭高校へ進学し、1年の秋から正捕手を務める。
  • 大阪桐蔭高時代には1991年夏の甲子園に出場し優勝する。
  • また、対戦相手は奇しくも同年春選抜優勝の大阪桐蔭とだったが、同じ年の春夏の甲子園大会で決勝戦が同一カードとなるのは史上初だった。
  • 大阪桐蔭高校では後にチームメイトとなる岩田稔が1年後輩にいた。
  • ちなみに、田村は3年生の春・夏とも、当時森が在籍していた大阪桐蔭高校と甲子園大会の決勝で対戦している。
  • また、夏の甲子園で優勝した、大阪桐蔭高校を祝福する内容でブログを書いたこともある。
  • 中学卒業後、大阪桐蔭高校へ進学し、1年の秋からベンチ入り。
  • 高校時代には甲子園出場を果たす事は出来なかったが、後に大阪府を代表する強豪となる大阪桐蔭高等学校野球部の下地を、今中と共に作った選手として知られている。
  • 秋には大阪桐蔭高校の藤浪晋太郎らとともに、第25回AAA世界野球選手権大会の日本代表に選出された。
  • 学校のモデルは大阪桐蔭高校であり、選手の名前は「男どアホウ甲子園」の登場人物から。
  • 本人は地元の県立高校に進学したかったが、所属していた「郡山シニア」の監督や両親から説得され、大阪桐蔭高等学校への進学を決意した。
  • しかし、又しても大阪桐蔭に敗れて3季連続の準優勝に終わり、悲願の全国制覇はならなかった。
  • 次へ »

大阪桐蔭 の使われ方