大阪弁

474 の用例 (0.01 秒)
  • あまんは大阪出身であるが、早口ではなくゆっくりとした大阪弁を話す。 林真理子『野ばら』より引用
  • また、前作や映画版とは異なり大阪弁を話せない声優も起用されている。
  • また4人は大阪弁を話し、みな免許皆伝の腕前であったといわれている。
  • 大阪弁とは、大阪市を中心とする地域で話されてきた日本語の方言である。
  • 彼等は紋切型の田舎言葉を書くように大阪弁を書いているのである。 織田作之助『大阪の可能性』より引用
  • 東京の撮影所で大阪弁が幅をきかすのはこの時の名残りなのである。 永六輔『芸人その世界』より引用
  • 五、六メートルはなれた場所で、大阪弁の団体がテーブルをかこんでいた。 阿部牧郎『篠懸の遠い道』より引用
  • ことばは、大阪弁でもなんでもいいので、行動で示すことが大切だ。 石毛直道『食生活を探検する』より引用
  • 必死になればなるほど、大阪弁風英語になるところが妙である。 江國滋『アメリカ阿呆旅行わん・つう・すりー』より引用
  • その彼がこの一ヶ月間というもの、人が変わったように大阪弁で怒鳴っている。 松永真理『iモード事件』より引用
  • 私にはやはり京都よりも大阪弁の方が魅力があるのだ。 織田作之助『大阪の可能性』より引用
  • 私はかねがね思うのだが、大阪弁ほど文章に書きにくい言葉はない。 織田作之助『大阪の可能性』より引用
  • 作品には大阪弁を使用するキャラクターが多く登場する。
  • ところで急に大阪弁になったことに特別な意味はない。 玄侑宗久『禅的生活』より引用
  • 万俵家の邸内に柔らかい大阪弁が聞えたが、誰も応答する者はいない。 山崎豊子『華麗なる一族 下』より引用
  • だからなるべく若い大阪人は大阪弁を隠そうと努めているようである。 小出楢重『めでたき風景』より引用
  • 大阪弁も多少は混るが、青年時代まで過ごした東京の言葉のほうが濃く出る。 難波利三『小説吉本興業』より引用
  • 入口でひきかえそうとしている私たちに、ダミ声の大阪弁が肩をたたいた。 林真理子『ルンルンを買っておうちに帰ろう』より引用
  • 話は外れたが、書きにくい会話の中でも、大阪弁ほど書きにくいものはない。 織田作之助『大阪の可能性』より引用
  • そして私の言葉は少し困った大阪弁なのであった。 小出楢重『めでたき風景』より引用
  • 次へ »

大阪弁 の使われ方