大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線

16 の用例 (0.00 秒)
  • 大正駅は大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線との連絡駅であるとともに大正区の最北端に位置しており、鉄軌道網がない区内方面には多数の大阪市営バスが運行されており、ラッシュ時には急行バスも運行されている。
  • 走行システムには大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線に続いて全国で2番目となる鉄輪式リニアモーター駆動方式を採用しており、同駆動方式の採用は関東の地下鉄では初めてとなる。
  • 心斎橋駅で撮った、大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線の車両である。
  • これらの大都市では鉄道による輸送力強化が続いており、例えば大阪では1990年に大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線が鉄輪式リニアモーター地下鉄の第一号として開通し、東京でも翌年リニア方式の都営地下鉄大江戸線が運行を始めた。
  • しかしながら、末吉橋交差点の地下に大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線松屋町駅が開業した際に、交差点名とバス停留所名は「松屋町」に変更になった。
  • 大阪市内では、天満橋発着の若江線や住道線、また大阪市営バスとの競合がありながらも多数運行されていたが、JR東西線や大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線の開業の影響もあり、天満橋発着路線の廃止を行うなどし、次第に利用者も減った。
  • 同方式は1990年開通の大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線で導入されたばかりの新方式であったが各地で導入が相次いでおり、また、表定速度が速いため「アクセス30分構想」を促進し、トンネル径が小さくて済むため建設費削減ができ、線形の自由度が高いため複雑な地形要素を克服できるなど東西線への導入利点が多かった。
  • 大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線は玉造筋および大阪城公園の地下を通り、森ノ宮駅から次の玉造駅にかけては大阪環状線に並行するように通っている。
  • 建設費を削減するため、大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線に次いで日本で2番目に鉄輪式リニアモーターミニ地下鉄が採用された。
  • 蒲生4丁目交差点 - 鶴見警察署前交差点の地下には、大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線が通っており、大阪市中心部方面へ直結している。
  • 主に大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線の車両の留置、検査を担当する施設で、1990年3月20日に鶴見緑地線の京橋 - 鶴見緑地間の開業とともに開設された。
  • また、地下階は阪神電気鉄道阪神なんば線ドーム前駅改札口と直結しているほか、大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線ドーム前千代崎駅とも地下連絡通路で直結している。
  • 大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線京橋駅の北方にあった。
  • 京橋駅には 片町線・JR東西線と京阪本線のほか、大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線が乗り入れ、飲食店街や歓楽街も発展していることから、キタ・ミナミに対してヒガシと呼ばれることもある。
  • JR西日本の各線、京阪電気鉄道の京阪本線、大阪市交通局の大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線の3社局の路線が乗り入れている。
  • 大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線・鶴見緑地駅下車すぐ。