大阪外国語大学

全て 名詞
57 の用例 (0.00 秒)
  • 現在は三十代に入り、大阪外国語大学に通いながら会社勤めをしている。 後藤正治『リターンマッチ』より引用
  • 大阪外国語大学名誉教授の伊地智善継は以下のような例を挙げている。
  • 大阪大学と大阪外国語大学が統合するに伴い、両大学の生協合併の必要性も出てきた。
  • 以前は大阪外国語大学大学院にも設置されていた。
  • 大阪外国語大学でインドネシア語を専攻中にバンド・ユニットを組んで音楽活動を始めた。
  • 大学在学中は大阪外国語大学に籍を置きつつ、上京して、TCJで働いた。
  • 大阪外国語大学の学生時代には法橋和彦から教えを受けた。
  • 東京大学、一橋大学と同じ起源を持ち、また旧大阪外国語大学とは姉妹校に当たる。
  • 大阪外国語大学でスペイン語を学び、大学卒業後に1年間スペインへサッカー留学した。
  • 旧大阪外国語大学時代から開催されていた非公認の学園祭であるが、公認学園祭であった「間谷祭」よりも大規模であった。
  • 大阪外国語大学に入学し、外国語学部の英語学科にて学んだ。
  • 唯一の違いとしては、共に大阪外国語大学出身ではあるが、シルクは英語科、ミヤコはスペイン語科である。
  • その後、大阪外国語大学への留学を経て、スタンフォード大学で学ぶ。
  • 翌年より、母校である大阪外国語大学にて講師を非常勤で務めた。
  • なお、イタリア文学者で大阪外国語大学名誉教授である荒谷次郎はアレアルディのイタリアに対する愛国心を評価している。
  • 大阪外国語大学イタリア語学科卒、イタリア語講師、翻訳家として活動している。
  • 翌年退官し、大阪外国語大学名誉教授となり、天理大学おやさと研究所教授となる。
  • 間谷祭は旧大阪外国語大学の公認学園祭であった。
  • 箕面市に移転した大阪外国語大学の跡地に、市民と在住外国人、留学生の国際交流やサポートのために設立された。
  • アメリカ・オーストラリア・ドイツなどさまざまな国から留学生・帰国生等を受け入れ、ハットバレー高校と姉妹校提携、大阪外国語大学と高大連携を結ぶなど国際交流を重視した教育を行っている。
  • 次へ »

大阪外国語大学 の使われ方