大阪国際滝井

8 の用例 (0.00 秒)
  • 本校と、分校だった関係から、系列校の大阪国際滝井高等学校とは学校の起源を同じくしている。
  • 大阪国際滝井高校では、2007年春高バレー優勝に貢献、同大会優秀選手に選ばれる。
  • 中学時代は愛媛県選抜チームに選出された経験があり、「レベルの高いバレー」を目指して関西の名門大阪国際滝井高校に進んだ。
  • 大阪国際滝井高校では、2007年春高バレー優勝をはじめインターハイ、国体を経験した。
  • 学校法人大阪国際学園の運営で、大阪国際大学の附属学校ではあるが、もう1校の附属学校で女子校の大阪国際滝井高等学校とは異なり、男女共学校であり、国公立大学への進学コースを設定するなどしている。
  • 大阪国際滝井高校時代は村田奈都美・小林亜里沙と同期でポジションはライトやセッター、リベロなどを務めた。
  • 勧めに応じるまま、大阪国際滝井高校入学後にセッターとなり、春高バレーで主将兼セッターとして優勝に貢献した。
  • 大阪国際滝井高等学校では、2006年春高バレーでのベスト4を皮切りに、同年の高校バレーボール界での同校飛躍に貢献した。