大阪商船

276 の用例 (0.00 秒)
  • 瀬戸内海の大阪商船の船のなかで、星はよく働き、船長にみとめられた。 星新一『明治・父・アメリカ』より引用
  • その1隻として、大阪商船を船主に予定して発注されたのが本船である。
  • すまとら丸は、かつて大阪商船に所属していた第一大福丸型貨物船である。
  • 大阪商船社長としては、台湾航路の拡大などを通じて業務を挽回していった。
  • かくして「大阪商船が社運を賭けて建造した」両船は姿を消していった。
  • 太平洋戦争中の戦時統合で、大阪商船に合併されて姿を消した。
  • ただし、『大阪商船株式会社八十年史』によれば売却は翌年11月である。
  • 第二武智丸はどうやら使用可能であったため大阪商船が払い下げを受けたがまもなく廃船された。
  • M型船2番船として、大阪商船が船主となって発注されたのが本船である。
  • タイプシップとなったのは大阪商船の志やむ丸型貨物船である。
  • そこには鐘紡社長の津田信吾、大阪商船社長の堀啓次郎が同席していた。 小堺昭三『男の切れ味(中)』より引用
  • なお、大阪商船の所有船としての「西貢丸」としては二代目である。
  • 黒龍丸は、大阪商船が所有していた、大阪港・大連港連絡航路の貨客船である。
  • 戦後の大阪商船は「高砂丸」をどう起用するか持て余していたと見る向きがある。
  • 事情を話し、大阪商船会社の重役あての紹介状をもらった。 星新一『明治・父・アメリカ』より引用
  • 旧称は大阪ビルヂングであるが、大阪商船ビルディングとも呼ばれた。
  • 大阪商船の大阪大連線用として建造され、実際に航路に就航した船としては最後の船である。
  • 兵庫県神戸市に大阪商船船員の長男として生まれる。
  • その後、偕行会社は発展的に解散して大阪商船となった。
  • 当時の大阪商船は、命令航路として大阪港と那覇港を結ぶ定期旅客便を運航していた。
  • 次へ »

大阪商船 の使われ方