大阪

全て 名詞
47,408 の用例 (0.02 秒)
  • こう考えて彼が大阪の空を眺めた時に大阪の煙も空の空なるものであった。 賀川豊彦『空中征服』より引用
  • 大阪以外の土地が非実用的すぎただけで、大阪には味も香もあったのだ。 織田作之助『大阪の憂鬱』より引用
  • 彼は或る重大事件の調査のため、はるばるこの大阪へ来ていたのだった。 海野十三『蠅男』より引用
  • しかし実をいえば、帆村もまた大阪人に負けぬくらい風呂好きであった。 海野十三『蠅男』より引用
  • 幸いに大阪の和田氏が編纂費を出してくれるので一巻はすでに出版した。 高楠順次郎『東洋文化史における仏教の地位』より引用
  • 大阪ではますます煙が濃くなって日中でもお日様が見えなくなったのは。 賀川豊彦『空中征服』より引用
  • 父の友人の野中さんは大阪で大きな病院を経営しておられる方でした。 久坂葉子『落ちてゆく世界』より引用
  • 東京地方や大阪地方では三十七銭から四十八銭という低率であるのに。 戸坂潤『現代日本の思想対立』より引用
  • しかしわが大阪の空気は炭坑に比べて決してよいと言うことは出来ませぬ。 賀川豊彦『空中征服』より引用
  • ところで関西といっても京都と大阪とでは名前がころりと変っている。 上村松園『髷』より引用
  • 私の子供時代の大阪の夜の暗さは徳川時代の暗さをそのままに備えていた。 小出楢重『大切な雰囲気』より引用
  • 高いものはよいと、昔から大阪ではいい伝えられているのだから無理もない。 小出楢重『油絵新技法』より引用
  • おきみのからだが、大阪屋の手に渡されたのはその爲めだつたのである。 下村千秋『天国の記録』より引用
  • 私は大阪は全然知らないし、文藝春秋新社にも大阪通は一人もいない。 坂口安吾『安吾の新日本地理』より引用
  • 大阪おおさかへいくとなると、あとのしまつをしておかなければなりません。 高山毅『福沢諭吉』より引用
  • 明治三十四年の五月に大阪の少年俳優一座というのが浅草座にあらわれた。 岡本綺堂『明治劇談 ランプの下にて』より引用
  • 大阪はすくなくとも私にとつては木のない都ではなかつたのである。 織田作之助『木の都』より引用
  • 大阪市の全住民が移住してもよいような設計も出来ております。 賀川豊彦『空中征服』より引用
  • 大阪から京都まで乗って行く途中にも、彼は窓から眼を離せなかった。 島崎藤村『新生』より引用
  • 柳吉と一緒に湯崎から大阪へ帰ると、蝶子は松坂屋の裏に二階借りした。 織田作之助『わが町』より引用
  • 次へ »