大量

全て 名詞
24,459 の用例 (0.04 秒)
  • 物理学に於けるこの大量観察はだからまだ本当の大量観察ではない。 戸坂潤『現代哲学講話』より引用
  • 自殺するためには大量にのまなければならないので、これをくりかえす。 上野正彦『死体検死医』より引用
  • ただ、有名メーカーの比較的最近のモデルなんで、大量に出回ってます。 椹野道流『鬼籍通覧6 亡羊の嘆』より引用
  • 大量の小麦粉は刃の形状を保っていられず、彼の周辺に散らばっている。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第14巻』より引用
  • 彼は特別に用意した紙を使って、印刷機で偽札を大量に刷っていたのです。 大山誠一郎『アルファベット・パズラーズ』より引用
  • 問題のパイプより奥の壁から、猛烈もうれつな勢いで大量の水が噴き出し始めた。 賀東招二『フルメタル・パニック!11 ずっと、スタンド・バイ・ミー(上)』より引用
  • 彰文あきふみさんも手伝ってくれて、あたしたちは大量の機材をベースに運んだ。 小野不由美『悪霊シリーズ 6 悪霊とよばないで』より引用
  • こんな大量のパンを持っているところを仲間にみつかったら穏やかでない。 胡桃沢耕史『黒パン俘虜記』より引用
  • アレルギーのシーズンであれば目薬も大量に出まわっているであろう。 森村誠一『生前情交痕跡あり』より引用
  • 大量の血液が床を流れて、ビデオカメラの画角の中に入ってきたのだ。 吉村達也『ワンナイトミステリー6 「シアトルの魔神」殺人事件』より引用
  • 大量の本と雑誌が床に平積みされているが、テレビもラジオもない。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える3』より引用
  • その直前に、幕府歩兵部隊は大量に江戸を脱走することになったわけである。 司馬遼太郎『燃えよ剣 02 (下)』より引用
  • それはひと抱えほどもある、予想していたのよりはるかに大量の手紙である。 岩田洋季『月の盾』より引用
  • 彼女の顔に大量のあせかんでいるのを見て、ナルキは心のどこかで安心した。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス09 ブルー・マズルカ』より引用
  • しかも、ローム川の上流からはラグーサが大量の銅貨を運んできている。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅵ』より引用
  • いまこの頭の中だけで天球図が作れそうだと思えるくらいに、大量だった。 枯野瑛『銀月のソルトレージュ03 琥珀の画廊』より引用
  • 大量の生産、スピードある生産をなすには、工場制工業でなければならない。 中井正一『調査機関』より引用
  • しかもそれは他のさまざまな大量の商品と宣伝競争ができるようなけた違いの金だ。 筒井康隆/横尾忠則『美藝公』より引用
  • 高度の破壊力と大量殺戮さつりく性においてのみ評価される兵器の宿命と言ってよい。 森村誠一『分水嶺』より引用
  • それが、無差別の大量殺人となって表現されてしまったのは、そのせいである。 別役実『犯罪症候群』より引用
  • 次へ »