大量絶滅

195 の用例 (0.00 秒)
  • 古生物学上では史上最大級の大量絶滅が発生したことで知られている。
  • しかし古生代末の大量絶滅で、腕足動物の多様性は大部分が失われた。
  • この状況は、白亜紀末の大量絶滅が発生するまで変わる事は無かった。
  • この考え方は、後述する白亜紀末の大量絶滅と共通した考え方である。
  • 大量絶滅終了直後には既にパンゲア大陸各地にその姿を見せていた。
  • これほど近くで発生した超新星爆発は大量絶滅を引き起こしたはずである。
  • 地球史上何度目かの大量絶滅が起きるが、それでも生物の進化は続いていく。
  • 一般的に、生き残ったグループは大量絶滅までは繁栄していない種だった。
  • 大量絶滅の前後を含む当時の海洋の継続的なデータが得られた。
  • ペルム紀の終わりに、地球史上最大規模とも言われる大量絶滅が起こった。
  • これらの事件と大量絶滅との関連性が研究されている。
  • 地球史上の周期的な生物の大量絶滅を説明するために仮定された。
  • 大量絶滅間の平均的な長さは約2600万年と推定された。
  • V-C境界と呼ばれ、最近の研究で大量絶滅があったことが判明しつつある。
  • ウィルソンは20世紀の大量絶滅と近代社会との関係を研究した。
  • なお同種の現象は過去何回かの大量絶滅の後にも現れた。
  • しかしこれらも完新世大量絶滅を生き残れる可能性はほとんどない。
  • 第四紀の大量絶滅 は、新生代第四紀に起こった古生物の大量絶滅である。
  • また、白亜紀末の大量絶滅の原因としてスーパープルーム説を支持していた。
  • その結果約2億5000万年前にもっとも大きな大量絶滅が起こっていることが判明した。
  • 次へ »