大量消費

155 の用例 (0.00 秒)
  • これは大量生産、大量消費のシステムの成功の象徴といってよいだろう。 内田隆三『社会学を学ぶ』より引用
  • 近年では、マグロの大量消費国として日本に対する非難が強まっている。
  • 大衆の生活は大量生産・大量消費の生活様式が確立する。
  • 大会場のメインイベント級のカードを大量消費してしまうリーグ戦は原則として行わなかった。
  • この後、1960年代以降から衣料の大量消費の時代が始まることになる。
  • 十六世紀の食卓の一大異変は、何といっても、砂糖の大量消費であろう。 石井美樹子『中世の食卓から』より引用
  • アメリカの経済とは、大衆による大量生産と大量消費だった。 片岡義男『日本語の外へ(上)』より引用
  • 本質的な構造変化とは、たとえば大量生産による大量消費というようなシステムの終わりのことだ。 片岡義男『日本語の外へ(上)』より引用
  • 現代の大量生産・大量消費の経済活動と世界的な人口増加などが自然環境に大きな影響を及ぼしている。
  • 経済の安定的成長とテレビの普及など大量消費社会では、玩具市場も急速な拡大を見せた。
  • それは労働者階級を含む巨大な大衆層を担い手とした大量生産・大量消費時代の先触れであった。
  • 以上のように、中華人民共和国の大量消費が国際価格の上昇の一因となっている。
  • ラジオは大量消費市場の代表になった。
  • これによれば大量消費と大量供給により大衆に開かれる文化産業、および手作業により生産されある場所・ある時間でしか消費できない文化産業の区別がなされる。
  • 大量消費とは経済学用語の一つ。
  • 大量生産は大量消費を前提としており、しかしその大量消費にはおのずから限界がある。 かんべむさし『かんちがい閉口坊』より引用
  • 大量生産に参加しつつ、同時に大量消費の担い手ともなる。 片岡義男『日本語の外へ(下)』より引用
  • 大衆の生活は大量生産・大量消費の生活様式が確立し、「黄金の20年代」と呼ばれた。
  • 大量生産と大量消費の社会だ。 片岡義男『日本語の外へ(下)』より引用
  • フォーディズムとは、大量生産、大量消費を可能にした生産システムのモデルである。
  • 次へ »