大量殺戮

175 の用例 (0.01 秒)
  • 戦争の方法は科学的になると同時に非人間的大量殺戮さつりくに向いつつある。 豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(下)』より引用
  • しかし実は南部には昔流の大量殺戮が行われたところもあるんです。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『07 放射能キャラバン追跡』より引用
  • そうなれば彼は自らの望みを成就じょうじゅするために大量殺戮さつりくを開始していただろう。 山本弘『サーラの冒険 5 幸せをつかみたい !』より引用
  • 高度の破壊力と大量殺戮さつりく性においてのみ評価される兵器の宿命と言ってよい。 森村誠一『分水嶺』より引用
  • 両名ともアウシュヴィッツで勤務していた経歴がある大量殺戮者であった。
  • 獲得した赤軍捕虜のうち6割が大量殺戮などの理由で死亡している。
  • ここに大量殺戮さつりくに有効な物質が眠っていたとは、まさに歴史の盲点だったろう。 松岡圭祐『千里眼の水晶体』より引用
  • この二人の女は、いずれも犯罪史上に名高い毒薬による大量殺戮者である。 澁澤龍彦『世界悪女物語』より引用
  • この半世紀間に起きたこれらの大量殺戮さつりくの背後では、いずれもある事件が起きている。 山本弘『妖魔夜行 戦慄のミレニアム(上)』より引用
  • また派遣議員による大量殺戮はさらにこれの上をいった。
  • 大量殺戮ジエノサイドのもっとも大きな罪は、そのなかの一人の重みを抹殺したことにある。 石原吉郎『望郷と海』より引用
  • 数千人の人が死んだ無差別大量殺戮さつりくに全世界が震撼しんかんした。 内田康夫『贄門島(にえもんじま)上』より引用
  • 大人だけでなく、子供もティムールの大量殺戮の対象に含まれた。
  • 相手によっては爆炎ティルトウェイト以上に攻撃性の高い大量殺戮さつりくの呪文であった。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(下)』より引用
  • つぎの嵐は機械の戦争となり、また、かつてないほどの規模きぼの大量殺戮さつりくが行われるだろう。 桜庭一樹『GOSICK 第4巻』より引用
  • 収容所の運営方法はそれぞれ若干異なっていたが、いずれも可能な限り効率的に大量殺戮を行うために設計されていた。
  • 大量殺戮への途が発見されたとき、ただ一人の人間へ到る途も発見されたはずだ。 石原吉郎『望郷と海』より引用
  • 自然から大量殺戮者として位置づけられた独覚がいるだけのことだ。 山田正紀『弥勒戦争』より引用
  • そんなのはマスターでもなんでもない、ただの大量殺戮者だ。 奈須きのこ『Fate/stay night セイバー Fate TrueEnd 夢の続き』より引用
  • 収容所に併設された軍需工場などで強制労働に従事させ、ガス室を使って大量殺戮を実行したとされる。
  • 次へ »