大量の選挙違反

6 の用例 (0.00 秒)
  • 倉持賢一は、前回の選挙でもトップ当選を果したが、倉持派からは大量の選挙違反による逮捕者が出た。 勝目梓『私設断頭台』より引用
  • また1965年の参院選で創価学会が大量の選挙違反者を出した時にも、竹入は「このまま捜査を拡大させるようだと、警視庁の予算、とくに機動隊の予算を、大幅に削るぞ」と警察首脳に脅しをかけ捜査を強制終了させ逮捕者を一人も出させなかった経緯も存在する。
  • また3年前の1965年の参院選で創価学会が大量の選挙違反者を出した時には、竹入が「このまま捜査を拡大させるようだと、警視庁の予算、とくに機動隊の予算を、大幅に削るぞ」警察首脳にこう脅しをかけ捜査を終了させ逮捕者を一人も出さなかった経緯がある。
  • また1965年の参院選で創価学会が大量の選挙違反者を出した時にも、竹入は「このまま捜査を拡大させるようだと、警視庁の予算、とくに機動隊の予算を、大幅に削るぞ」と警察首脳に脅しをかけ捜査を強制終了させ逮捕者を出さなかった経緯も存在する。
  • 乙骨正夫は『警察の創価学会汚染』の中でこの年の参院選で創価学会が大量の選挙違反者を出した時に、竹入が「このまま捜査を拡大させるようだと、警視庁の予算、とくに機動隊の予算を、大幅に削るぞ」と警察首脳に脅しをかけ捜査を終了させ逮捕者を一人も出さなかった経緯があった。
  • 選挙のたびに派手に現金をばらまき、大量の選挙違反による逮捕者を出しながら、連座をまぬがれ、強引に国会議員の席に居すわってきたのだ。 勝目梓『私設断頭台』より引用