大量の血

200 の用例 (0.00 秒)
  • それだけの大量の血がどこから来たのか、観察者は説明しなければならなかった。 小野不由美『屍鬼(下)』より引用
  • 大量の血にまみれた少年は、もう死んでいるんじゃないかと思えた。 乙一『きみにしか聞こえない CALLING YOU』より引用
  • 共通していることは、とにかく大量の血が流れるということだけ。 海原育人『ドラゴンキラー売ります』より引用
  • 目の前にあげた左手から、驚くほど大量の血が流れだしている。 岡野麻里安『銀の共鳴2 水の伏魔殿』より引用
  • 七人の脱走兵の頭や胸からびっくりするほど大量の血が噴き出した。 打海文三『裸者と裸者(上) 孤児部隊の世界永久戦争』より引用
  • ごそりと、牛の首のあたりの肉が消え、大量の血が地に滴るのが見える。 夢枕獏『陰陽師生成(なまな)り姫』より引用
  • 倒れた身体は、何処にあったのかと思われる大量の血を床面に撒き散らした。 菊地秀行『吸血鬼ハンター14 D-妖兵街道』より引用
  • 切断された首とひざからは大量の血が流れていて、周りも血まみれだった。 山口芳宏『雲上都市の大冒険』より引用
  • 傷口から大量の血があふれて、たちまち床のうえに広がっていきます。 桐生操『きれいなお城の怖い話』より引用
  • しかし、何と言っても大量の血を流したあとだから、体はふらふらとしていた。 半村良『獣人伝説』より引用
  • いったい、どこでこんなに大量の血が、手についてしまったのか? 小松左京『夜が明けたら』より引用
  • 二人の倒れた場所からは、大量の血が地面に流れていた。 山口芳宏『雲上都市の大冒険』より引用
  • ヒアシンスはこの時に流れた大量の血から生まれたとされる。
  • これだけ大量の血を見たのは、麻紀も過去に一度きりしかない。 三雲岳斗『レベリオン 第01巻』より引用
  • 大量の血を失っても、小さな心臓はまだどうにか鼓動こどうしているのだ。 山本弘『サーラの冒険 5 幸せをつかみたい !』より引用
  • サリーがうめき声をあげると大量の血が噴出し床にしたたり落ちた。
  • 大量の血が、生物のように身体の下からゆるやかに這いだしてきた。 平井和正『狼の紋章』より引用
  • 遺体は発見できなかったが、コクピットには大量の血が浮遊していたという。 福井晴敏『∀ガンダム(下)』より引用
  • 釣られた拍子にどこか傷ついたのだろうか、口から大量の血を吐いている。 原田宗典『海の短編集』より引用
  • が、彼はまだショックから立ちなおっていないばかりか、大量の血を失っていた。 マクリーン『ナヴァロンの要塞』より引用
  • 次へ »

大量の血 の使われ方