大量の水

365 の用例 (0.00 秒)
  • 何十トンにも及ぶ大量の水は巨大な腕とも竜のあごのようにも見えた。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第16巻』より引用
  • 問題のパイプより奥の壁から、猛烈もうれつな勢いで大量の水が噴き出し始めた。 賀東招二『フルメタル・パニック!11 ずっと、スタンド・バイ・ミー(上)』より引用
  • 文教施設・医療施設等の一時的に大量の水を使う施設に適している。
  • 亜はすなおな酔払いらしく、出されるだけの大量の水を次々に飲み込んだ。 泡坂妻夫『亜愛一郎の狼狽 (亜愛一郎シリーズ1)』より引用
  • うえを見あげようとしたとき、大量の水が滝のように落ちてきた。 田中啓文『私立伝奇学園高等学校民俗学研究会その3 天岩屋戸の研究』より引用
  • 大量の水はカリフォルニア州にも分けられ、メキシコ北部まで届く水もある。
  • あれは大量の水を注入するために、ゴムのホースを使った跡だと思うんだ。 山口芳宏『雲上都市の大冒険』より引用
  • 作業に必要な大量の水はエーガー運河によりこの地区に供給された。
  • それも川の流れというようなものではなくて、大量の水が噴出しているような音だ。 井沢元彦『GEN 『源氏物語』秘録』より引用
  • その一瞬は、まるで大量の水が吹きこんでくるように見えた。 小野不由美『十二国記 01 月の影 影の海(上)』より引用
  • 木の髄を桶に入れて大量の水を注ぎしばらく置くと、底に粉が沈殿する。
  • おかげで大量の水は音もなく振動しながら、破局へとむかっていた。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』より引用
  • なるべく多く生産するためには、農園は大量の水および肥料を必要とする。
  • 大湿原に入る前に、断縁獄の中には、大量の水と食料を入れておいたのだ。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録03 泥を操るいくじなし』より引用
  • という楽しげな声と共に、大量の水が岩の裂け目から噴出すような音がした。 仁木英之『僕僕先生』より引用
  • 大量の水がないと移動出来ないってのが欠陥けっかんだったはず。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録08 刃を砕く復讐者(上)』より引用
  • イワシは口・鰓ぶたを大きく開け、大量の水が通るようにして摂食を行う。
  • 大接近して地球に大量の水をもたらしたのなら、同時に月にも影響を及ぼしたはずである。 星新一『できそこない博物館』より引用
  • 生存のために大量の水を必要としており、それが侵略目的の一つ。
  • 完全に重力に頼っており、非常に効率よく大量の水を運んでいた。
  • 次へ »