大野郡石徹白

7 の用例 (0.00 秒)
  • 石徹白地区はかつて福井県大野郡石徹白村であり、白鳥町と越境合併する前に北陸電力によって電化された。
  • 町の北部は、九頭竜川水系に属する石徹白川に沿う地区で、もとは福井県に属した福井県大野郡石徹白村が、越県合併で1958年に白鳥町の一部になったものである。
  • 石徹白騒動とは、江戸時代中期の宝暦年間に、美濃郡上藩が管轄していた越前国大野郡石徹白村で発生した大規模な騒動であり、騒動の中、石徹白の約三分の二にあたる500余名が追放され、70名以上が餓死した。
  • 郡上市白鳥町石徹白地区は1958年まで福井県大野郡石徹白村の一部であったが、岐阜県郡上郡白鳥町に越県合併した。
  • また郡上一揆と同時期に郡上藩の預地であった越前国大野郡石徹白で、野心家の神主石徹白豊前が郡上藩役人と結託して石徹白の支配権を確立しようとしたことが主因である石徹白騒動が発生し、郡上藩政は大混乱に陥った。
  • 平安時代から江戸時代初期にかけて、藤原能信、藤原秀衡、今川義元、柴田秀勝、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康など、数多くの武将の信仰を受け、江戸時代には、越前国大野郡石徹白村が白山信仰による白山へ向かう巡礼者への手助けを行い、村人は、白山中居神社の社人、社家となり、無税、帯刀御免の身分とされていた。
  • 越前国大野郡石徹白は白山南麓の標高700メートルを越える九頭竜川上流部の石徹白川流域に広がり、上在所、中在所、下在所、西在所、小谷堂、三面の六在所に分けられていた。

大野郡石徹白 の使われ方