大野耐一

11 の用例 (0.00 秒)
  • 大野耐一とはトヨタ自動車工業 元副社長、日本人の技術者、経営者である。
  • トヨタ生産方式は第二次世界大戦前のアメリカの自動車産業におけるライン生産方式などを研究し、豊田喜一郎らが提唱していた考えを大野耐一らが体系化したものである。
  • ところがカンバン方式の生みの親ともいうべき大野耐一はある日、ロットの大きさを半分に縮小することを命じた。 佐藤正明『トヨタ・GM 巨人たちの握手』より引用
  • トヨタ自動車の大野耐一らがアメリカのビッグスリーの生産に関する情報を得た際、当時規模の面で圧倒的に離されていたビッグスリーが行っていた前述のような生産手法を真似するのでは彼らに太刀打ちできないとして、段取り時間の短縮を切り口とした改善を検討した。
  • 工場改革に行き詰っていたとき、トヨタ自動車の大野耐一と出会い、弟子入りする。
  • トヨタ在籍時、大野耐一の下でトヨタ生産方式確立に寄与した人物の1人であり、現場で大野の理念実現を支えた。
  • 第一が生産面で、喜一郎がフォードの流れ作業方式を土台に、ジャスト・イン・タイム方式を考案し、戦後、大野耐一がカンバンを使って生産工程を市場の要求に対応させたこと。 佐藤正明『トヨタ・GM 巨人たちの握手』より引用
  • 前述の1950年の経営危機を教訓とし、大野耐一が中心となって、「改善」、ジャストインタイムからなるトヨタ生産方式を確立した。
  • それを戦後、大野耐一が部品毎に「カンバン」をつけることで生き返らせ、発展させたことからジャスト・イン・タイムの代名詞となったのである。 佐藤正明『トヨタ・GM 巨人たちの握手』より引用
  • その一方で子飼の事務系の花井正八には持ち前のケチケチ精神を伝授、技術系の大野耐一には喜一郎の夢だった「ジャスト・イン・タイム」の確立を急がせた。 佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(下)』より引用
  • また、アントニオ・グラムシの「フォーディズム」に基づき、調整様式にボルボイズムやトヨティズムを加え、特に後者をバンジャマン・コリアは評価して大野耐一から「オオノイズム」と名づけた。