大野町

206 の用例 (0.00 秒)
  • 町の中心部からはかなり離れていたものの、旧大野町の代表駅だった。
  • 一時期中学校が2校あったが、すぐに大野町の学校に統合されている。
  • 路線の前半は北に向かい、大野町大字牛洞からの路線の後半は東に向かう。
  • 北野畑駅は、岐阜県揖斐郡大野町にあった名古屋鉄道谷汲線の駅である。
  • 中之元駅は、岐阜県揖斐郡大野町にあった名古屋鉄道揖斐線の駅である。
  • ただし、大分県豊後大野市大野町藤北に能直のものと伝えられる墓がある。
  • この分水路によって大野町4丁目は分断され島のようになっている。
  • 上磯町・大野町による協議の結果、合併し市制を施行することに決まった。
  • 人口の減少は周囲の町村でも見られたが、大野町の減少率はそれらよりも高かった。
  • 豊木駅は、岐阜県揖斐郡大野町にあった名古屋鉄道谷汲線の駅である。
  • 八王子坂駅は、岐阜県揖斐郡大野町にあった名古屋鉄道谷汲線の駅である。
  • 鎧岳城は、大分県豊後大野市大野町の鎧ヶ岳山に存在した日本の城である。
  • これは川合村が大野町に編入される条件として、当初から決められていたためである。
  • 更地駅は、岐阜県揖斐郡大野町にあった名古屋鉄道谷汲線の駅である。
  • 稲富駅は、岐阜県揖斐郡大野町にあった名古屋鉄道谷汲線の駅である。
  • 東は奉免町・柏井町、西・北は大野町、南は下貝塚・北方町と接している。
  • 住居表示では現在その周辺は大野町黒野となっている。
  • ただ通常新潟市周辺では単に「大野」と言った場合、後者の大野町を指す事が多い。
  • 麻生駅は、岐阜県揖斐郡大野町にあった名古屋鉄道揖斐線の駅である。
  • 佐々木 明は、北海道大野町出身のアルペンスキー選手、実業家である。
  • 次へ »