大野東

全て 名詞
33 の用例 (0.01 秒)
  • 大野東中学校は平成25年度現在、第43期生徒会が活動している。
  • 選挙権を持っているのは、大野東中学校生徒会員からなる。
  • 金山町が歴史上初めて登場するのは、天平9年に行われた大野東人の東征のときである。
  • 学校のすぐ近くには大野城市立大野東小学校がある。
  • 鎮守将軍の始まりを直接記した史料はないが、知られる限りでは大野東人がもっとも古く、彼が初代の鎮守将軍であったといわれている。
  • 大野東小学校の一部と大野北小学校の一部、大城小学校の一部の3つの小学校区から生徒が通っている。
  • 大野東中学校の校舎には、全教室で冷暖房が完備されている。
  • 阿品駅方向の一部便は公民館前〜下更地間において大野東小学校・鯛の原経由で運行する。
  • なお栄町、雑餉隈町は本来は大野北小学校の校区で大野東中学校に行くことになっているが、距離が遠いので西鉄電車を利用して学校へ向かう。
  • また、大野油坂道路のうち大野東IC以東を事業化しており、未事業化区間は約5kmを残すのみとなっている。
  • 天平12年9月に発生した藤原広嗣の乱において、持節大将軍・大野東人の下で征討副将軍を務める。
  • 次に名が上がるのは天平9年1月の大野東人である。
  • 加美町から尾花沢市までの区間は、大野東人の東征の際に開削された古道に由来し、中羽前街道、銀山街道と呼ばれた。
  • 土気城は神亀年間に大野東人によって築かれた貴船城が起源とされ、中世土気城の大手口にも貴船神社が祭られていた。
  • 天平12年の藤原広嗣の乱の際には、官軍の大将軍の大野東人が決戦前に戦勝を祈願した。
  • 聖武天皇は大野東人を大将軍に任じて節刀を授け、副将軍には紀飯麻呂が任じられた。
  • 土気城は神亀年間に大野東人によって築かれたと伝わるが、後に千葉氏の勢力下に入り長らく千葉氏の武将が拠った。
  • 城輪柵や多賀城よりも大規模で、防御も厳重をきわめ、辺境経営の城柵として最大級の大鎮域が文献に記載されないはずがなく、大野東人の出羽遠征記事や元慶の乱にかかわる記事から類推して、出羽における一府二城のひとつであった雄勝城であろうとした。
  • 現在その蔵書は、大野城市立大野東中学校に保管されており、大野城市により蔵書の点検をしている。
  • 創建は724年、按察使大野東人が築城したとされる。
  • 次へ »