大野村

46 の用例 (0.00 秒)
  • 第二次世界大戦中は福岡市から当時の大野村に疎開する者が居た。
  • また大野村には明治時代初期、第五番大野小学校が設置されている。
  • 現在は大野村産業デザインセンターとなっている。
  • 村名は大同村の大、中野村の野を組み合わせて大野村となった。
  • 駅開業に先立つ1900年、本郷村や市渡村などが合併し大野村となった。
  • 大野村には鉄道駅は存在しなかったが、隣町の守谷町に常総鉄道が通り、守谷駅を利用することができた。
  • その後神仏分離の際に他に移され、後に大野村の松蓮寺と合併してその寺を神護寺と呼ぶこととなった。 喜田貞吉『周防石城山神籠石探検記』より引用
  • 大野村は、岩手県の北に位置していた村である。
  • 土地代金は2775円で当時の大野村年間予算の約2倍だった。
  • 大野村に現存する宮本家の菩提寺ぼだいじの住職で永幡智善えいばんちぜん師だとわかる。 吉川英治『随筆 宮本武蔵』より引用
  • しかし、翌1890年に大野村は分割され、旧の7村が再度分立する状態となった。
  • 大野村の第五番小学校は1885年、大和田小学校と合併して大和田校の分教場となった。
  • 第六日、姫川を下って大野村から自動車に乗り糸魚川いといがわにいたる。 加藤文太郎『単独行』より引用
  • 大柏村の頭文字「大」と、野木崎村の頭文字「野」を取って大野村とした。
  • 大熊町は1958年に大野村と熊町村が合併して成立した。
  • そのうちのひとつである二股口は箱館へ至る最短路で、稲倉石から二股を抜けて大野村に至る峠越えのルートであった。
  • これに合わせて、同施設を中核とする人口10万人規模の計画都市の建設が構想され、隣接する大野村と上溝町にまたがる区域が都市計画区域に指定されて神奈川県が主体となり大規模な区画整理事業が着手された。
  • 外来部門を設けたのは、大野村から広島に勤労奉仕に動員されていて被爆し、入院もできずに自宅にいる患者が相当数いると聞いたからだった。 柳田邦男『空白の天気図』より引用
  • 所在地は大野村であったが、当時陸軍はこの地域を原町田地域の一部としてまとめて扱うことが多く、同じく大野村に所在した原町田陸軍病院や原町田兵器学校などと共に原町田通信学校と呼ばれる事もあった。
  • かつてこの駅周辺の地域が大野村であったことや、相模原町となって以降も大野地域とされていたことから、相模原市近辺の住民および利用者からは「相模」を付けずに大野と呼称されることが多い。
  • 次へ »