大野新田

全て 名詞
6 の用例 (0.00 秒)
  • 旧摂津国川辺郡山本村および平井村の新田として開拓された地域で、山本村大野新田は1730年より本格的に開発が行われた。
  • しかし家政の運営や行動に問題があったため、元長の勘気により寛政8年6月に元貞を退身させ、河辺郡大野新田村に閑居させた。
  • しかし家政の運営や行動に問題があったため、父の勘気を被り、寛政8年6月に退身させられ、勘当の身となり河辺郡大野新田村に閑居する事となった。
  • 対して、元から伊丹郷町に近接している大野新田は山本との対立を覚悟で「水が買えなくなったら井戸を掘る」として荒牧や鴻池と共に伊丹市への帰属を選択した。
  • いつもなら、ものの五、六町も歩けば汗ばむくらいのはずだが、この日は吉原を出ておよそ二里、それも急ぎ足に、大野新田、柏原、一本松、問屋新田と過ぎてそろそろ原の宿にかかっても、からだが一向にあたたまる風もなく、時折り顔見合わせるたがいの唇が土色だった。 滝口康彦『拝領妻始末』より引用
  • この捷水路は翌1731年春の融雪洪水での決壊により拡張され、これにより阿賀野川は日本海へ直接注ぎ、旧流路は「通船川」となったが、この「松ヶ崎開削」によって大野新田・相馬新田・俵橋新田・大中島新田の開発が成功し、一定の成果を収めた。