大野屋

118 の用例 (0.00 秒)
  • そこで、ひそかにあとをつけてみると、父は大野屋へと向かったのです。 宮部みゆき『震える岩 霊験お初捕物控』より引用
  • つ頃に大野屋の伯母おばが近所まで来たと云つて、近江屋の店に立寄つた。 岡本綺堂『影を踏まれた女』より引用
  • 素早く目をやってみたが、大野屋夫婦の様子に変わったところは見られない。 宮部みゆき『震える岩 霊験お初捕物控』より引用
  • 八つ頃に大野屋の伯母が近所まで来たといって、近江屋の店に立寄った。 岡本綺堂『岡本綺堂伝奇小説集其ノ三 怪かしの鬼談集』より引用
  • 昼時になると、大野屋夫婦らのところには、茶屋から弁当が届けられた。 宮部みゆき『震える岩 霊験お初捕物控』より引用
  • 武左衛門の刀のきっ先は動かず、大野屋夫婦も身動きができない。 宮部みゆき『震える岩 霊験お初捕物控』より引用
  • こんど一緒に、大野屋へ連れてッてやるから、そこで型をとらせて、注文をしろ。 安藤鶴夫『巷談 本牧亭』より引用
  • 大野屋夫婦をかばいながら、転がるように走って六蔵が逃げてくる。 宮部みゆき『震える岩 霊験お初捕物控』より引用
  • それに大野屋と書いてあって、久米さんの令息にこれは何かと聞いたそうだ。 高見順『敗戦日記』より引用
  • 又もや兄弟喧嘩げんかがはじまつたが、大野屋の両親にもその裁判が付かなかつた。 岡本綺堂『影を踏まれた女』より引用
  • 次の間には、大野屋徳兵衛がひとり、こちらに背中を向けて端座していた。 宮部みゆき『震える岩 霊験お初捕物控』より引用
  • 二月からの日々秋津で待ち侘びたが、大野屋さん一家はやって来なかった。 藤原晋爾『秋津温泉』より引用
  • 昔は船に乗って北海道くんだりまで、商売に出かけていた大野屋さんが、厚味のある声で言った。 藤原晋爾『秋津温泉』より引用
  • 同ビルは大野屋社長が所有するビルである。
  • ほかでもない、大野屋徳兵衛と妻のりえが、今日のこの芝居を観に来ているのである。 宮部みゆき『震える岩 霊験お初捕物控』より引用
  • やはり、舞台よりはどちらかというと大野屋夫婦のほうに気をとられながら、右京之介が声をかけてきた。 宮部みゆき『震える岩 霊験お初捕物控』より引用
  • またもや兄弟喧嘩がはじまったが、大野屋の両親にもその裁判が付かなかった。 岡本綺堂『岡本綺堂伝奇小説集其ノ三 怪かしの鬼談集』より引用
  • やはり大野屋さんの一家はやって来なかった。 藤原晋爾『秋津温泉』より引用
  • 大野屋夫婦と連れの上州屋の若夫婦とは、本土間の桝に仲よく頭を四つ並べている。 宮部みゆき『震える岩 霊験お初捕物控』より引用
  • 行くさきは大野屋という店で、ここも今日は煤掃きである。 岡本綺堂『岡本綺堂伝奇小説集其ノ三 怪かしの鬼談集』より引用
  • 次へ »

大野屋 の使われ方