大野台

全て 名詞
18 の用例 (0.00 秒)
  • 現在では、大野台以南の東西幹線水路の多くの区間がそれぞれ緑道緑地として整備されている。
  • 長崎県ではそれのほか、一九八七年に鹿島町の大野台遺跡で新たに三十基が発見されて、これまでに計七十九基が確認されているが、しかし「北有馬町原山はるやま遺跡」の「九十数基」にはまだおよばないのである。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 11 肥前・肥後・日向・薩摩ほか』より引用
  • 大阪狭山市の西山台と大野台を中心とする、南海電気鉄道が主体となって開発されたニュータウンである。
  • 千葉土気の森工業団地とは、千葉県千葉市緑区東南、市原市に隣接した大野台にある工業団地である。
  • 鹿町地区には支石墓が集中する大野台支石墓群がある。
  • 相模原駅から市役所・淵野辺公園などの公共施設へのアクセスと、大野台地区の住宅地と相模大野駅との間の輸送を主に担う。
  • 営業所は、鎌取駅近くの千葉営業所、本社併設の貸切千葉営業所、緑の森工業団地内にある大野台営業所の3か所である。
  • 大野台支石墓群は、長崎県佐世保市鹿町町深江に所在する縄文時代から弥生時代にかけての遺跡である。
  • 住宅は一戸建住宅が基本だが、西山台4丁目・5丁目の大部分に公営住宅、西山台6丁目の一部にマンション、大野台6丁目の一部に公団住宅が設置されている。
  • 北は県道52号を境に北里一・二丁目および大野台四丁目に接し、東は西大沼五丁目と双葉一丁目、南は双葉二丁目と相模台七丁目および大字新磯野、西は大字下溝と隣接する。
  • 土気緑の森工業団地内では道路を時計周りに循環するものの、土気駅には帰らず、土気発は循環部の終わりの停留所である石油エネルギー技術センターで終点となり、また土気駅行きは循環部の最初の停留所である大野台中央公園が始発となる。
  • 北秋田市木戸石から路線が始まり秋田県道3号二ツ井森吉線を交差後に大野台ゴルフクラブの東側を通り、秋田県道325号大館能代空港西線には側道を通って合流する。
  • 津久井町の沼本ダムで相模川から取水された用水は、城山町の津久井分水池で横浜市・川崎市等への上水道水と分けられ、相模原市大野台で東西の両幹線に分かれて台地南部の綾瀬町や藤沢市にまで至った。
  • 住居表示実施以前の大字淵野辺は国道16号の南側まで広がり、明治初期以前の淵野辺村は現在は南区に属する古淵や西大沼、東大沼、大野台、若松の区域までも含んだ。
  • そのほかにも、縄文遺跡の福井洞窟、弥生遺跡の塔の首遺跡、県南の原山支石墓群、県北の大野台支石墓群が国指定の重要文化財史跡である。
  • 北から東にかけて流れる境川に沿った都県境をはさんで東京都町田市の木曽東および森野に隣接し、南西側は国道16号を境に南区の大野台、西大沼、東大沼に、南東側は同区の鵜野森に、北西側は中央区の東淵野辺に接する。
  • 現在の北秋田市北西部、阿仁川両岸、秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線大野台駅 - 上杉駅間の沿線と、その西方一帯にあたる。
  • 現在の北秋田市北西部、阿仁川右岸、秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線大野台駅 - 上杉駅間の沿線にあたる。