大野原

全て 名詞
63 の用例 (0.01 秒)
  • 伊豆諸島の北部に位置する三宅島及び無人島の大野原島を村域とする。
  • 主に訓練は大多武演習場や大野原演習場及び日出生台演習場などで実施する。
  • 四国、香川県の西に大野原おおのはらという小さな町があり、中学校があった。 山際淳司『スローカーブを、もう一球』より引用
  • その大野原の奧、富士の根がたまで秋に一度初夏に一度私は出懸けて行つたことがある。 若山牧水『樹木とその葉』より引用
  • 乙女峠から眺めて十里四方にも及ぶであらうと言つた曠野は大野原と呼ばれてゐる。 若山牧水『樹木とその葉』より引用
  • 大野原の北西部から数本の川が北へ流れ落ちて合流するが、この際に台地の縁に深いV字谷を刻む。
  • 観音寺市・大野原町・豊浜町合併協議会では市歌についての取り決めは特に行われなかった。
  • 大野原中学校で野球を始め、1年生時よりエースで4番を務める。
  • 同年11月には父・兼平とともに大野原神社に参詣している。
  • 武蔵国秩父郡大野原村の堀内家に生まれ、高野家の養子となる。
  • 観音寺市の旧大野原町全域、旧豊浜町の一部を管轄していた。
  • 土地では大野原と云つてゐる。 若山牧水『樹木とその葉』より引用
  • 埼玉県道207号大野原停車場線は、埼玉県秩父市内に設定されている県道である。
  • 次には鏑矢かぶらやを大野原の中に射て入れて、その矢をらしめ、その野におはいりになつた時に火をもつてその野を燒き圍みました。 稗田阿礼『古事記』より引用
  • 長崎県東彼杵町と佐賀県嬉野市の境をなす台地「大野原」の北西部を水源とする。
  • 大野原駅は、埼玉県秩父市大野原にある秩父鉄道秩父本線の駅である。
  • 中央図書館と大野原図書館、豊浜図書館の計3館がある。
  • 武州原谷駅は、埼玉県秩父市大野原にある秩父鉄道秩父本線の貨物駅である。
  • かくうたひながら、大野原おほのはら蚯蚓みみづうたやうについた細路ほそみち辿たどくと、つちなかからムクムクとあたまだけがうごいてゐる。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 71 20080623』より引用
  • 大野原では森林・原野の間に棚田・茶畑・陸上自衛隊大野原演習場などがある。
  • 次へ »

大野原 の使われ方