大野伴睦

82 の用例 (0.00 秒)
  • 田中は川島正次郎や大野伴睦と同じ裏方の政治家であると下河辺は考えていた。 水木楊『田中角栄 その巨善と巨悪』より引用
  • 小西寅松は国粋会会長就任を承諾したが、大野伴睦は返事を保留した。
  • 関係五県三市などで建設期成同盟会が結成され、自由民主党副総裁だった大野伴睦が会長となった。
  • 経済界や政界とは交流が深く、政治家では大野伴睦と親交があったほか、佐藤栄作とも交流があった。
  • なお、この選挙には大野伴睦も出馬を表明していた。
  • 大野伴睦は「市民は合法的に、実力で美濃ミッションを閉鎖せよ」と述べた。
  • 党内では大野伴睦派に所属するが、大野の死後に派閥は分裂し、船田派を率いた。
  • はじめは自由民主党・大野伴睦派に属していた。
  • 駅前には地元の大物政治家・大野伴睦夫妻の銅像が立ち、ひところは政治駅の代名詞のようにも言われた。
  • 渡邉は、初入閣を望む中曽根と副総裁の大野伴睦との仲を取り持った。
  • 村上勇とともに、大野伴睦の最も早い時期からの側近であった。
  • その吉川さんのところに、大野伴睦のスケッチを書いた色紙を持って来て、サインしてくれといったファンがいる。 戸板康二『新ちょっといい話』より引用
  • その後、屋敷を出てきた大野伴睦に「誰が倒れたのですか」と質問したが無視され、次に現れた政治評論家の岩淵辰雄には、「鳩山家の者ではない」と言われた。
  • 一般には大野伴睦による政治駅であり、この位置に駅を作るためにルートを曲げたとまで言われるが、実際は地元自治体から要請されている岐阜市を通ると大きく迂回することになるので国鉄側は難色を示し、妥協案として大野伴睦の仲介で岐阜羽島駅を作ることが決まったというのが真相である。
  • 改築費用については祇園時代より贔屓にされていた政治家大野伴睦が工面してくれることとなり、酒は西川布団の社長が見立ててくれることとなった。
  • この為、国鉄が地元選出の当時の有力国会議員であった大野伴睦に斡旋を依頼し、新幹線路線を迂回させる必要がない羽島市内に岐阜羽島駅を設置することで妥協案を成立させるというのが用意された筋書きである。
  • 父・之伴の許には大野伴睦や、松葉会会長の兄などが出入りしており、暴力団関係にも幅広い人脈をもっていた。
  • この活動で同じく院外団メンバーだった大野伴睦と知り合う。
  • 大野伴睦長官は、わずか七ヶ月の在職で、自民党総務会長に転じた。
  • 之伴の許には大野伴睦や、松葉会会長の兄などが出入りしており、暴力団関係にも幅広い人脈をもっていた。
  • 次へ »