大野久

82 の用例 (0.00 秒)
  • 大野久庵は気まずい顔をして自分の机の前にすわり、沈んだ声をだした。 多島斗志之『追憶列車』より引用
  • 決勝点は大野久の三塁への返球が悪送球になった失策によるものである。
  • 松山中学の講堂に捕虜将校三百余名を集めて、大野久庵は右の布告をした。 多島斗志之『追憶列車』より引用
  • 大野久庵は、署名組と拒絶組とを、それぞれ別の寺に分けて収容した。 多島斗志之『追憶列車』より引用
  • 大野久庵は緊張した肩を自分の手でほぐしながら、ためいきをついた。 多島斗志之『追憶列車』より引用
  • その興居島を起点に、大野久庵は視線を一寸きざみで左へ移していった。 多島斗志之『追憶列車』より引用
  • いま大野久庵の目の前にいる捕虜は、そういう男なのだった。 多島斗志之『追憶列車』より引用
  • それを両のあぶみを通じてひざに感じながら、大野久庵は浜を端から端まで往復した。 多島斗志之『追憶列車』より引用
  • 教員として元プロ野球選手の大野久が勤務、同校硬式野球部の監督を務めている。
  • いつかセルビンが言っていたが、大野久庵はまだ出向いたことがなかったのだ。 多島斗志之『追憶列車』より引用
  • そのときにも立ち合っている若い平尾通訳が、大野久庵のわきに坐っていた。 多島斗志之『追憶列車』より引用
  • 大野久庵は少女に視線をむけて笑顔をつくってみせた。 多島斗志之『追憶列車』より引用
  • 相手からの言葉が日本語になって返ってくるまでのあいだ、大野久庵は、若いロシア将校の顔を、むっつりとした目で観察する。 多島斗志之『追憶列車』より引用
  • おそらく捕虜全員の中で、そんな男はセルビンひとりであろうと、大野久庵は思っている。 多島斗志之『追憶列車』より引用
  • トロイカの合唱が、大野久庵をひどく感傷的な気分に引き込んでいた。 多島斗志之『追憶列車』より引用
  • 板ばさみになった大野久庵は何度も捕虜たちに対する説得をおこなう一方で、東京に打電した。 多島斗志之『追憶列車』より引用
  • 大野久庵は、ドミトリエフの言葉を無視して質問をつづけた。 多島斗志之『追憶列車』より引用
  • みずから鳥小屋の中に入りこんで、大野久庵は巣箱のうしろを見ようとした。 多島斗志之『追憶列車』より引用
  • 鳥小屋をのぞきに行こうかどうか、大野久庵はつかのま考えた。 多島斗志之『追憶列車』より引用
  • 大野久庵がつとめて柔和な表情で接しようとすると、狐のように狡猾こうかつで油断のならぬやつだという噂が立つ。 多島斗志之『追憶列車』より引用
  • 次へ »