大野万紀

5 の用例 (0.00 秒)
  • ここはやはり、ヴァーリイ紹介の第一人者の大野万紀氏に語っていただこう。 ジョン・ヴァーリイ『バービーはなぜ殺される』より引用
  • いま七〇年代的ということをいったけれど、モラトリアム人間にはじまって、ピーターパン・シンドロームやらシンデレラ・コンプレックスやらが盛んにとりざたされるここしばらくの風潮のなかで、ヴァーリイの作風に、大野万紀氏がいうのとはまるでべつの意味での「心地良さ」を感じている人は多いのではないだろうか。 ジョン・ヴァーリイ『バービーはなぜ殺される』より引用
  • 巻末には解説として、大野万紀による「センス・オブ・ワンダーランドのアリス」が収録されている。
  • これについては、SF評論家の大野万紀の執筆した『帝都物語』書評の、次の一節からも伺える。
  • ドラマチックな死でしめくくられたこの作家のなみはずれたドラマチックな生涯については、すでに大野万紀氏が、本文庫から一足先に出た短篇集『愛はさだめ、さだめは死』のすぐれた巻末解説「センス・オブ・ワンダーランドのアリス」で詳しく書かれているので、ここではくりかえさないことにします。 ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア『たったひとつの冴えたやりかた』より引用