大野

全て 名詞
5,457 の用例 (0.02 秒)
  • いつも彼はいま大野がしているように、こちら側を眺めていたのである。 半村良『赤い酒場』より引用
  • あんな田舎娘、最初から遊びだったんだって大野さんに言ったんでしょ。 西田俊也『love history』より引用
  • 大野を家の中へ押し戻すようにしてエレベーターのほうへ去って行った。 半村良『回転扉』より引用
  • そこで、ひそかにあとをつけてみると、父は大野屋へと向かったのです。 宮部みゆき『震える岩 霊験お初捕物控』より引用
  • 大野は白いカバーのかかったシートにもたれ、目をとじたようであった。 半村良『回転扉』より引用
  • その内に昨夜大野父子が舟で他領へ逃げたことを各方面から知らせて来た。 大佛次郎『赤穂浪士(上)』より引用
  • 先生は、僕が大野さんを殺したと本気でお考えになっているんですか? 有栖川有栖『朱色の研究』より引用
  • 大野はその沈黙がひどく気になって、なんとかしやべらせようと話しかけた。 半村良『回転扉』より引用
  • どうやら彼は、大野夕雨子が殺された現場に向かおうとしているようだ。 有栖川有栖『朱色の研究』より引用
  • 大野はふと自分が社会の歯車のひとつでなくなっているのに気づいた。 半村良『都市の仮面』より引用
  • 大野にとって、商品の並んだ飾窓は、自然の一部のようなものであった。 半村良『回転扉』より引用
  • 大野はよく人から野心家だと言われたり、度胸がいいと言われたりする。 半村良『回転扉』より引用
  • 死んだのは満三十五歳だから、今では大野のほうが上になっている。 半村良『回転扉』より引用
  • 横田は大野に頭をさげ、ゆっくりと正面玄関の回転扉へ向かって行った。 半村良『回転扉』より引用
  • 大野が要領を得ない返事をすると、三人ともひどく緊張した表情になった。 半村良『都市の仮面』より引用
  • 大野忠夫が持っているあのどうしようもない威圧感は父のものであった。 半村良『回転扉』より引用
  • 帰ったのは、大野夕雨子の遺体が発見される六時を過ぎてからだった。 有栖川有栖『朱色の研究』より引用
  • 大野は夢に出て来る血まみれの手の男と何か関係があるのだろうか。 半村良『赤い酒場』より引用
  • その時も大野は泣いたが、半分以上は父の一喝に対する感動の涙であった。 半村良『回転扉』より引用
  • 大野さんが指を軽く振っている場面から、カメラが海へと移動するでしょう。 有栖川有栖『朱色の研究』より引用
  • 次へ »