大輔

全て 名詞
4,367 の用例 (0.02 秒)
  • 忠利にとっては、自分の息子より大輔のほうが信用できる人間なのだろう。 新田一実『時の迷宮の舞姫 霊感探偵倶楽部』より引用
  • ひょっとすると、大輔が気を取られているのは、目の前の男かもしれない。 新田一実『死者の饗宴 霊感探偵倶楽部』より引用
  • ひとつだけ確かなのは、大輔の言っていた悪戯書きと共通点があったことだ。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 大輔はホテルの食堂が嫌いなたちなので、食事はいつも部屋でとる習慣だった。 鮎川哲也『戌神はなにを見たか』より引用
  • 大輔が現れると同時に姿を消していた連中は、いまになって再び姿を現した。 新田一実『魔鏡の姫神 霊感探偵倶楽部』より引用
  • くちびるを引き結んだ大輔は、細い流れを目にした瞬間、肩の力を抜いた。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 唯一ゆいいつ、共に戦えると思っていた大輔の中に、古代の戦士が眠っているのか。 新田一実『時の迷宮の舞姫 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 大輔が気の抜けた顔をして見上げると、竜憲はしげしげとながめ下ろした。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • よほど明確な意思を持った強いものでなければ、大輔に近づくことはできない。 新田一実『魔鏡の姫神 霊感探偵倶楽部』より引用
  • その声さえ聞きたくないと言わんばかりに、大輔は音を立ててふすまを閉めた。 新田一実『死者の饗宴 霊感探偵倶楽部』より引用
  • そして、ついの鏡に眠っていたはずの何かが、大輔の内側に入り込んだ。 新田一実『暗闇の狩人 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 竜憲が顔をしかめたのを、どう取ったのか、大輔はあわてて言いつくろった。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 音を立てて椅子いすを引いた大輔は、大きく伸びをすると、部屋を出た。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 神妙な顔で頭を下げた竜憲は、大輔の腕を軽くこづくと道場に向かった。 新田一実『魔鏡の姫神 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 鴻がなんのつもりで渡したかは別にして、大輔は疑い出したらきりがないのだ。 新田一実『暗闇の狩人 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 曖昧な言い方をしてやっているのだが、大輔は答える気はないようだ。 新田一実『魔鏡の姫神 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 注意深く、その様子を観察しながら、大輔は普通の大学生を演じていた。 新田一実『死者の饗宴 霊感探偵倶楽部』より引用
  • と、あの親しく思っている大蔵大輔たゆうを使いにして言わせたのであった。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • 思うことがすぐに顔に出ると言うのは大輔の弁だが、つくづく実感できる。 新田一実『暗闇の狩人 霊感探偵倶楽部』より引用
  • どうして大輔に興味を持ったのかわからないが、調べたいことがあるようだった。 新田一実『魔鏡の姫神 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 次へ »