大輔自身

19 の用例 (0.00 秒)
  • 彼女の言葉を信じるのなら、あの女がねらうのは大輔自身ということである。 新田一実『時の迷宮の舞姫 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 大輔自身がにくんでいたのか、姫神の戦士がそう認識しているのか。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • しかし、大輔自身は、沙弥子を女として意識したことなどなかつた。 新田一実『時の迷宮の舞姫 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 大輔自身、どうしてこんな厭味な口をきくのか分からなかった。 吉田修一『熱帯魚』より引用
  • だが、大輔自身も付け焼き刃の知識なのだから、それ相応の覚悟がいるだろう。 新田一実『死者の饗宴 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 大輔自身は、疲れを感じていないのだから、竜憲に力を分けたのは、古代の戦士ということになる。 新田一実『死者の饗宴 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 時機を見て竜憲が話すというのならともかく、大輔自身にはほとんど自覚はない。 新田一実『死者の饗宴 霊感探偵倶楽部』より引用
  • もちろん、大輔自身、命のあるものを切ったことなどない。 新田一実『暗闇の狩人 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 細い梁の上を歩いている大輔自身の写真があり、角材を運ぶ優作の写真があった。 吉田修一『熱帯魚』より引用
  • その舞台では、雨宿りする下人の役を大輔自身が演じていた。 吉田修一『熱帯魚』より引用
  • それをあきらめとみると腹立たしくもなるが、その実、大輔自身も似たような心境だった。 新田一実『死者の饗宴 霊感探偵倶楽部』より引用
  • だが、大輔自身には、なんの記憶もなかったのだ。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 大輔自身もそうらしいし、当代随一といわれる霊能力者でさえ、看破かんぱすることができないほどなのだ。 新田一実『死者の饗宴 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 彼の周りに出没するもの達の力も強くなっているし、何より、大輔自身にも異変が起こっているのだ。 新田一実『時の迷宮の舞姫 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 光男を辞めさせたのは、棟梁でも小田桐のおやじさんでもなく、大輔自身だった。 吉田修一『熱帯魚』より引用
  • 後に佐藤大輔自身が東日本大震災の惨状が作品と重なって震災ショックを引き起こしたことと、心臓疾患を患って入院していたために執筆が遅れていたことが判明する。
  • 大輔自身にいたという例の戦士のことだけでも、折り合いをつけかねているのに、竜憲の中に潜む姫神ひめがみ心密ひそかにかれているなどとバレたら、話はますますややこしくなる。 新田一実『死者の饗宴 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 宮川大輔自身、在京キー局では初MCの番組となる。
  • その筆頭が、大輔自身だった。 新田一実『暗闇の狩人 霊感探偵倶楽部』より引用