大輔監督

38 の用例 (0.00 秒)
  • 父親との縁から伊藤大輔監督に可愛がられ、弓恵子の芸名をつけてもらう。
  • 京都の映画界に入り、伊藤大輔監督の門下となり助監督を務める。
  • これを機に、当時の山下大輔監督が小田嶋の代打起用にこだわるようになった。
  • 大映京都撮影所の助監督部に入社し、少年時代映画のとりことなるきっかけを作った伊藤大輔監督作品につくこととなる。
  • 戦前期はニヒルな剣士役で人気を得、伊藤大輔監督の『斬人斬馬剣』などの名作に主演した。
  • 稲垣浩がこの南禅寺にロケに出かけたところ、大先輩に当たる伊藤大輔監督がちょうど本作の大ロケーションの最中だった。
  • 久保はマキノに入るときに省三が一目見るなり役者をやったらどうやと云ったほどの美男子で、伊藤大輔監督も久保を役者にしようと躍起になったが、本人はどうしても役者をやろうとしなかった。
  • 助監督としては、他に伊藤大輔監督に師事した。
  • 当時の同社は内紛のただなかで、同年スピンアウトして設立された東邦映画製作所の第1作、伊藤大輔監督の『煙』に出演している。
  • 伊藤大輔監督、唐沢弘光撮影、大河内傳次郎主演という昭和初期の映画界を代表するゴールデンコンビの作品としては、唯一ほぼ完全な形で残されている。
  • 大正14年、小阪撮影所が東邦映画製作所に改組された第一作として、伊藤大輔監督の『煙』に主演する。
  • 第二次世界大戦中の1943年5月13日に公開された、伊藤大輔監督の『二刀流開眼』にクレジットされた満54歳以降の出演記録はなく、消息は不明である。
  • 香川は立石の東邦映画に採用され、6月1日公開の同社設立第1回作品、伊藤大輔監督の現代劇『煙』でスクリーンデビューした。
  • 伊藤大輔監督からは「一週間のためにカツドウヤは命を削るんだ」と教えられたといい、このなか、「『大魔神』がこんなに命があるなんて、戸惑いを感じます」と語っている。
  • 同年、日活太秦撮影所に移籍、伊藤大輔監督の『忠次旅日記 御用篇』等に出演する。
  • 伊藤大輔監督はこの年、東映を退社した。
  • に山下大輔監督の下で20年ぶりに古巣に復帰し、横浜ベイスターズ一軍ヘッド兼打撃コーチを務めた。
  • また同年、伊藤大輔監督の『下郎』に主演、同作は封建的な階級制度を批判して傾向映画の先駆となった作品で、キネマ旬報ベストテンの第9位にランクインした。
  • 伊藤大輔監督とのコンビで撮った『新納鶴千代』では、阪妻は荒川大橋の上で、すべての敵を後ろにして前を歩き、後からかかってくる敵を全部振り返らずに斬るという斬新な殺陣を見せている。
  • 同年、同社の内紛で設立された東邦映画製作所の第1作、伊藤大輔監督の『煙』の撮影を務めるが、同社は早晩に崩壊し、杉山は東亜キネマの等持院撮影所に移籍している。
  • 次へ »

大輔監督 の使われ方