大輔兄さん

28 の用例 (0.00 秒)
  • そうして大輔兄さんは二人目、三人目と次々と死体の状況を話し始めた。 奈須きのこ『空の境界 (上)』より引用
  • 訊かれたとおりに説明したのに、大輔兄さんはそんな事を言ってくる。 奈須きのこ『空の境界 (下)』より引用
  • 昨夜大輔兄さんに電話をしたのは、それを確認する為なんだから。 奈須きのこ『空の境界 (上)』より引用
  • 大輔兄さんに無理いって焼死した子の鑑識結果を見せてもらってさ。 奈須きのこ『空の境界 (下)』より引用
  • 運転をする大輔兄さんを睨んで、僕は車の助手席に深く背を預けた。 奈須きのこ『空の境界 (上)』より引用
  • 吐きそうになりながら感想を言うと、ああ、と大輔兄さんは同意した。 奈須きのこ『空の境界 (上)』より引用
  • そこまで口にして、大輔兄さんは炬燵の上に寝そべるように顔を突き出した。 奈須きのこ『空の境界 (上)』より引用
  • 大輔兄さんの話じゃ、今回の殺人鬼は去年の秋から少しずつ犯行を重ねていたらしい。 奈須きのこ『空の境界 (下)』より引用
  • 大輔兄さんも炬燵に足を伸ばしていて、狭い空間に足を置く支配権を巡ってしばらく無言で戦った。 奈須きのこ『空の境界 (上)』より引用
  • 大輔兄さんが炬燵の上に置いた物は、うちの学校の校章だった。 奈須きのこ『空の境界 (上)』より引用
  • どうやら今日のデートは大輔兄さんの玉砕に終わったな、と幹也は一人納得した。 奈須きのこ『空の境界 (下)』より引用
  • 大輔兄さんは警視庁捜査一課の刑事なんて事をやってる。 奈須きのこ『空の境界 (上)』より引用
  • この保護、とは刑事である従兄の大輔兄さんに預かってもらう、という意味だ。 奈須きのこ『空の境界 (上)』より引用
  • 部屋の中はちらかっていて、大輔兄さんの部屋みたいだった。 奈須きのこ『空の境界 (下)』より引用
  • 目が覚めて食卓に行くと、大輔兄さんが今まさに出かける、という所だった。 奈須きのこ『空の境界 (上)』より引用
  • ついでに朝食を食べている僕は、テーブルを挟んで大輔兄さんと向き合っている。 奈須きのこ『空の境界 (下)』より引用
  • 僕はこれでも大輔兄さんを信頼している。 奈須きのこ『空の境界 (上)』より引用
  • なるほど、とうなずいて大輔兄さんは玄関へと向かった。 奈須きのこ『空の境界 (下)』より引用
  • 新聞の力ーテンの向こうから、テーブルにあるコーヒーカップをつかんで大輔兄さんはグチをいう。 奈須きのこ『空の境界 (下)』より引用
  • 家に帰ると従兄いとこ大輔だいすけ兄さんがやってきていた。 奈須きのこ『空の境界 (上)』より引用
  • 次へ »