大輔の顔

25 の用例 (0.00 秒)
  • 大輔の顔を見たとたん、いつもの自分が戻ってきた。 新田一実『魔鏡の姫神 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 困惑の表情を浮かべ、大輔の顔と剣の間を視線を泳がせている。 新田一実『死者の饗宴 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 材木の上に干していたTシャツが、風に飛ばされ、大輔の顔を覆っていた。 吉田修一『熱帯魚』より引用
  • 何やら考え込んでいる大輔の顔を盗み見て、竜憲は密かに笑っていた。 新田一実『魔鏡の姫神 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 軽く頭をたたいた竜憲は、大輔の顔をのぞき込んだ。 新田一実『暗闇の狩人 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 大輔の顔を見上げ、女がとろけるような笑みを見せた。 新田一実『時の迷宮の舞姫 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 聞き返すと同時に、大輔の顔にひどく不安げな表情が浮かぶ。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • と、鴻は不思議そうに大輔の顔を見つめ返した。 新田一実『時の迷宮の舞姫 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 大輔の顔は、棟梁に死ぬかと思うほど殴られ、蹴られ、次の日には倍ほどにも腫れ上がった。 吉田修一『熱帯魚』より引用
  • 近づけられた大輔の顔を見て、小麦の泣き声が一段と激しくなる。 吉田修一『熱帯魚』より引用
  • 互いの傘をぶつけ合いながら、狭い歩道を歩いていた真実が、大輔の顔を覗き込んでいた。 吉田修一『熱帯魚』より引用
  • うっそりと顔を上げた大輔の顔が、きつってゆく。 新田一実『暗闇の狩人 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 固い寝台の上で、仰向あおむけに横たわった大輔の顔は、質の悪い紙のような、少し茶色がかった白であった。 内田康夫『浅見光彦殺人事件』より引用
  • 坊主に近い短い髪の毛を、整髪料も何も使わずにペタリと寝かせた大輔の顔は、猿以外にたとえようがない。 山田悠介『パズル』より引用
  • 何度か瞬きを繰り返し、ようやく、表情を取り戻した竜憲は、大輔の顔をまじまじと見据えた。 新田一実『魔鏡の姫神 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 大輔の顔をつくづくと眺め、沙弥子は自問自答していた。 新田一実『暗闇の狩人 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 大輔の顔があおざめている。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 頭を振り上げるタイミングで、沙弥子の髪はモアイ像のように立ち尽くす大輔の顔を、なぐっていた。 新田一実『時の迷宮の舞姫 霊感探偵倶楽部』より引用
  • あわてて、よどんだ思考のおりから抜け出した竜憲は、ルーム・ミラーの端に映る半分欠けた大輔の顔をちらりとながめた。 新田一実『死者の饗宴 霊感探偵倶楽部』より引用
  • むすりと大輔の顔がしかめられる。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 次へ »