大輔の身体

16 の用例 (0.00 秒)
  • 大輔の身体からだは自由に出入りするくせに、家から出ることはできないらしい。 新田一実『死者の饗宴 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 大輔の身体にいた男のおかげで、命をながらえているにちがいない。 新田一実『暗闇の狩人 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 巨大な炎の蛇が大輔の身体からだに巻きつき、ゆっくりと締め上げてゆく。 新田一実『暗闇の狩人 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 炎に対抗しようとして、大輔の身体は冷気をまとっていたのだ。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 大輔の身体を勝手に抜け出すようになった化け物は、確実に力を増幅しているのだ。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 頭ひとつ小さい男が、必死に床を踏みしめる大輔の身体を引きずり、前に出る。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • どうやら、自分の身体は取り戻せたらしいが、睡魔がより現実的に大輔の身体を支配していた。 新田一実『死者の饗宴 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 大輔の身体を巻いてり抜けた一陣の風が、小さな竜巻を作る。 新田一実『死者の饗宴 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 何が触れている訳でもないのに、大輔の身体がぐらりとらぎ、わずかに宙に浮いた。 新田一実『時の迷宮の舞姫 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 一度など、大輔の身体から抜け出して、竜憲を抱きしめていた。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 純粋な嫌悪感けんおかんが、大輔の身体を強張こわばらせていた。 新田一実『時の迷宮の舞姫 霊感探偵倶楽部』より引用
  • そのまま大輔の身体からだは、不様ぶざまに地面にころがった。 新田一実『暗闇の狩人 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 大輔の身体からだに取りすがる部品を無視して、剣が舞う。 新田一実『暗闇の狩人 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 大輔の身体が背後に退しりぞく。 新田一実『時の迷宮の舞姫 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 同時に、大輔の身体がぐらりとらいだ。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • とてつもない力が、大輔の身体からだを引き起こす。 新田一実『暗闇の狩人 霊感探偵倶楽部』より引用