大輔の目

16 の用例 (0.00 秒)
  • 大輔の目には竜憲が、女の目には姫神ひめがみが見えているに違いない。 新田一実『時の迷宮の舞姫 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 意味がわからないと言わんばかりに、大輔の目が恐ろしく大きく見開かれた。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 右腕は、相変わらず光を放っているが、大輔の目には見えないらしい。 新田一実『魔鏡の姫神 霊感探偵倶楽部』より引用
  • そろそろと窓を振り返った大輔の目に、半分開いたカーテンが映る。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 大輔の目には、楽しげに笑う竜憲の顔が、はっきりと見えていた。 新田一実『死者の饗宴 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 血の気の引いた顔を引き上げ、大輔の目をのぞき込むと皮肉げに笑う。 新田一実『死者の饗宴 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 小さくいきいた大輔の目が、ふとテーブルの上に置かれたかぎの束に引きつけられる。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 露骨に顔をしかめた竜憲を眺め下ろす大輔の目が、一瞬険しくなった。 新田一実『魔鏡の姫神 霊感探偵倶楽部』より引用
  • ただし、大輔の目に映ったのは、竜憲自身の顔だった。 新田一実『死者の饗宴 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 大輔の目から見れば、ただの虚仮威しなのだろうが、蝋燭の一本、弟子たちの立ち位置一つにも意味があった。 新田一実『魔鏡の姫神 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 懇願こんがんする竜憲を見据える大輔の目が、ゆっくりと眇められていった。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 飛び退いた大輔の目の前で、宙に浮いた腕は、切り口のほうから窓に吸い込まれて消えた。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 何も見えないはずなのに、材木の間で仰向けになっている律子の白い肢体が、大輔の目にははっきりと見えた。 吉田修一『熱帯魚』より引用
  • 大輔の目には、ところどころみの浮いたコンクリートの壁が見えるだけだったが、それもいつまでも続かなかった。 新田一実『死者の饗宴 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 大輔の目が大きく見開かれ、そのままきびすを返した。 新田一実『時の迷宮の舞姫 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 立ち上がった大輔の目を、まぶしい光が射る。 新田一実『死者の饗宴 霊感探偵倶楽部』より引用