大輔の命婦

10 の用例 (0.00 秒)
  • その年の暮れの押しつまったころに、源氏の御所の宿直所とのいどころ大輔たゆう命婦みょうぶが来た。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • 大輔たゆうの命婦はいろいろと近ごろの様子を話した。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • 左衛門さえもん乳母めのとといって、源氏からは大弐だいにの乳母の次にいたわられていた女の、一人娘は大輔たゆう命婦みょうぶといって御所勤めをしていた。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • 年の暮れに、宮中の宿直とのいの部屋にいると、大輔たゆうの命婦がきた。 田辺聖子『新源氏物語』より引用
  • 源氏が熱心に言うので、大輔の命婦は迷惑になりそうなのを恐れながら、御所も御用のひまな時であったから、春の日永ひながに退出をした。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • 光源氏が末摘花という、鼻が象のように長く、しかも先端が赤く色づいている、猪首で胴長な、ちょっと類のない醜女をつかませられたのも、仲に入った大輔の命婦のいわば口車に乗せられてのことだった。 池田弥三郎『話のたね』より引用
  • 大輔の命婦は光源氏をそそのかすだけそそのかしておいて、自分はするりと身をかわしてしまう。 池田弥三郎『話のたね』より引用
  • それから大輔たゆう命婦みょうぶにまじめに仲介を頼んだ。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • 左衛門さえもん乳母めのとといって、大貳だいにの乳母についで、源氏がしたしみなついた乳母がいたが、その人の娘に、大輔たいふ命婦みょうぶという宮中に仕える女房がいる。 田辺聖子『新源氏物語』より引用
  • 乳母子の大輔の命婦から亡き常陸宮の姫君の噂を聞いた源氏は、「零落した悲劇の姫君」という幻想に憧れと好奇心を抱いて求愛した。