大輔に取り憑

7 の用例 (0.00 秒)
  • 大輔にいた古代の戦士が事前に警告してくれないことは、わかっている。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 大輔だいすけいた何かがいることはわかっていた。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 竜憲は大輔に取り憑いた男が、あの鏡に封じられていたのだと、信じ込んでいた。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 大輔にこうなどと考える化け物が相手ならば、何かしらの力の傷が残っているだろう。 新田一実『時の迷宮の舞姫 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 大輔にいた戦士が、ついの鏡に閉じ込められていたものだとすれば、なおさらだった。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 同じ家の中にいなければ、大輔にいた化け物は、勝手にうろつき回ったりしない。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 何より、今の忠利は、大輔にいた異形いぎようの戦士すら看破かんぱできなかったのである。 新田一実『時の迷宮の舞姫 霊感探偵倶楽部』より引用