大輔に任

39 の用例 (0.00 秒)
  • 時期は不明だが、宮内権大輔に任ぜられ、五位に叙せられたという。
  • 同年7月、時光は兵を率いて上洛し、従五位下宮内大輔に任ぜられる。
  • 天平宝字8年藤原仲麻呂の乱の後に造宮大輔に任ぜられる。
  • 貞観6年従四位下に直叙され、翌貞観7年中務大輔に任ぜられる。
  • 保元2年従五位上・民部権大輔に任ぜられる。
  • 永万2年、父・信範が左京権大夫を辞任する代わりに刑部権大輔に任ぜられる。
  • 美作守・春宮権大進・五位蔵人を歴任し、寛元4年に民部大輔に任ぜられる。
  • 政府内では土佐閥の一人として、司法大輔に任ぜられた。
  • 延暦9年大蔵大輔に任ぜられたのち、三河守・阿波守を歴任した。
  • 淳仁朝に入り、天平宝字4年に信部大輔に任ぜられる。
  • 勝海舟は昨年の春、静岡から赤坂氷川町四番地に居を移し、明治政府に仕えて海軍大輔に任ぜられていた。 綱淵謙錠『斬(ざん)』より引用
  • 更に元和6年閏12月9日には大蔵大輔に任ぜられ、翌年正月には従四位上に叙せられた。
  • この日、刑部卿に任ぜられたのは正親町三条実愛おおぎまちさんじようさねなるであり、刑部大輔たゆうに任ぜられたのは佐々木高行であった。 綱淵謙錠『斬(ざん)』より引用
  • 承和13年無位から従四位下に直叙され、治部大輔に任ぜられる。
  • 基光と改名するが、父有光の隠居によって第3代当主となり従四位下治部大輔に任ぜられたことで元光の名に復した。
  • 承和11年従四位下に直叙され、翌年宮内大輔に任ぜられる。
  • 承和13年38年ぶりに昇叙され従五位上となり、翌承和14年大蔵大輔に任ぜられる。
  • 翌弘治四年は、二月二十八日で永禄元年になるのであるが、その二月二十六日に、義竜は、朝廷に奏請しておいた任官が許されて、治部大輔に任ぜられた。 桑田忠親『斎藤道三』より引用
  • 永禄2年1月6日に正二位に叙せられ、11月10日には兼任していた文章博士を辞任して式部大輔に任ぜられる。
  • 清和朝では、貞観3年大蔵大輔に任ぜられたのち、貞観4年正五位下・加賀守、貞観10年従四位下・大和守に叙任されるなど地方官を歴任した。
  • 次へ »

大輔に任 の使われ方